« 「反り」が決め手 ~ミツヤ ハイタック画鋲~ | トップページ | 地域限定ノート(2) »

地域限定ノート

わっこおばちゃんさんのブログに、神戸市指定のノートが紹介されていました。

こちらの地区にもありまして、特徴は、

・ 小中学校の校内の売店(購買)でのみ買うことができ、市販はなし。
・ 学年の発達段階や、担任の使いやすさを考え、多くの種類がある。
  (たとえば、小学校では、全部で44種類。国語関係ノートだけで20種類ある。)
・  すべての種類を常備しているわけではなく、その学校や担任の希望するノートを扱っている。
・ 表紙の絵柄により、ノートに愛称がついている。
  (初めからついている愛称と、言いやすい通称名がついているものがある)

具体的に例を挙げてみると、

Photo_15 書取帳。左から、1「いもほり」 2「コアラ」 3「牛」 4「パンダ」 5「チョウ」の愛称があり、「~帳」をつけて、「コアラ帳」などと呼びますが、「チョウ帳」とは言っていないようです。(チョウ帳は高学年用だし)
絵は、昔は大人のかいたカットなどもありましたが、
新版では、地区の児童の絵を使用しているそうです。

1は、1年生の最初に使う大きなマスのもの。2~5は、ふりがなの罫線があるタイプです。
この他、四角のマスの中にさらに丸が印刷してあるもの(ひらがなは丸いため、それを手がかりに書けるように)、ふりがな罫線のない方眼だけのものなどがあり、
書き取りに使ったり、文章を書くのに使ったりと、そのあたりは教師の選択になります。

(続く)

→ 「地域限定ノート(2)」 へ
→ 「
地域限定ノート(3)」 へ

|

« 「反り」が決め手 ~ミツヤ ハイタック画鋲~ | トップページ | 地域限定ノート(2) »

コメント

ほほ~・・・表紙は違っても中は同じかと思っていましたが、マス目+丸の線がついているのは親切ですね。その線を生かせるかどうかは子供次第でしょうが。うちの子は・・・トホホ

投稿: ゆーこおばちゃん | 2007年4月22日 (日) 21時39分

こんばんは ここに挙げた書取帳は、すべてマスの大きさと数が違います。いもほり帳は、1ページに20マスしかなく、1マスに十字の補助線が入っています。50マス、72マス、120マスと順に多くなって、チョウ帳では128マスです。同じ書取1ページでも学年によって自然と分量が増えるしくみ。丸目は確かに市販品では見かけませんね。ただ、丸目でも四角いマスでも、気にしない子どもは気にしないかも^^;

投稿: けふこ | 2007年4月22日 (日) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/14794680

この記事へのトラックバック一覧です: 地域限定ノート:

« 「反り」が決め手 ~ミツヤ ハイタック画鋲~ | トップページ | 地域限定ノート(2) »