« 地域限定ノート(2) | トップページ | 折り薔薇にぴったり ~ハーモニーおりがみ など~ »

地域限定ノート(3)

地域限定ノートの続きです。

Photo_17 左上から横に、以下だんだん手前に
1「カブト虫」 2「カメ」 3「ホウキ星」 4「みつばち」 5「しゃぼん玉」
6「北の国へ」

1や4は低学年のノートなので「むし帳」「はち帳」と省略されることが多いです。1は、よく見ないとカブトムシに見えなかったりして…

2は作文の原稿用紙罫になっているノートで、日記などにも使われます。
(そう言えば、小学校の原稿用紙も地域限定だった。400字詰めではないのです)

3は、だれでも「魔女帳」と呼んでいるようで、正式名称が定着しないようです。
(どう見ても魔女が主役ですもの)
6は、高学年の横書きの予定帳です。
このあたりの縦横は、高学年になると自分の好みに任されるようです。

1と3の国語ノートが、上に開く縦書きタイプです。
算数ノートはすべて方眼タイプで、学年によってマスの大きさが変わります。

で、5は永遠の定番かもしれない「しゃぼん玉帳」。
これだけは、私が子どもの頃と、絵柄が変わっていないと思います。
無地ノートで、お絵かき帳にもっぱら使われ、
表紙はどちらも同じ柄で、好きな側から使っていいよ、という珍しいノート。

そのほかのノートは、だいたい薄いグレーの罫線で、
子供の頃からそれに慣れていると、市販の学習帳の水色は濃すぎる気がします。
値段は、昔はいくらだったか忘れましたが、今は1冊90円。

愛称があるのは、小さい子どもが学校で自分で買うことが多いからかもしれません。
「国語ノートください」と言っても、
書取帳も、黒板を写すノートも、作文帳もいろいろあるとなると混乱します。
「コアラちょうください」なら、売るほうも間違えないですから。

こういうノートを使っているので、
このあたりでは、市販の学習帳の使用は、自分の自由な勉強用などにとどまっています。
でも、文具店には置いてありましたから、別の需要はあったのかな?

ローカル文具とか、学校指定文具とか、よそにもあったら知りたいです。

→ 前記事 「地域限定ノート(2)」 へ

→ 前記事 「地域限定ノート」 へ

|

« 地域限定ノート(2) | トップページ | 折り薔薇にぴったり ~ハーモニーおりがみ など~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/14794983

この記事へのトラックバック一覧です: 地域限定ノート(3):

« 地域限定ノート(2) | トップページ | 折り薔薇にぴったり ~ハーモニーおりがみ など~ »