« お道具箱の中身2 切るもの | トップページ | お道具箱の中身4~とめるもの~  »

お道具箱の中身3 書くもの

仕事中は、ウェストポーチを身につけていて、
そこに、基本筆記用具(シャープペンシル、4色ボールペン、蛍光ツインマーカー、ツインネームペン 等)は入れています。
なので、お道具箱に入れるものは、それ以外のものということになります。
Photo_7

左から

MONO消しゴム(トンボ) 
正確には「字消し」ですが、「消しゴム」でないと通じない。
「消えない消しゴムと切れないはさみは犯罪」と思っている私には絶対の定番。
ファンシー文具も、キャラクター文具も愛する私ですが、消しゴムはこれでなくてはいけません。(たぶん後日語るでしょう)

ノック式ボールペン(おまけ)
パッケージプラザ(シモジマの系列の店舗用品店)でおまけにもらったものです。
お気に入りのボールペン「ハイブリッドテクニカ」でないのは、たぶん文書用でなく作業用に入れたためだと思います。

ツインマーカー 黒・赤(寺西化学工業 ゼブラ)
ゼブラのマッキーはすぐにかすれる気がして、私はあまり好きではありません。
でも、ツインタイプの定番なので、省スペースなこういう場所にはつきものです。
寺西化学工業の?マークのマジックインキは、何だかんだ言ってよく使いますが、
ここにあげたのは新顔のツインタイプです。
(新顔すぎてまだ使っていない^^;)
表示を書いたり、見出しをつけたりと、日常の使用頻度が高いです。

スーパープチ中字(パイロット)
この前身の、ハイプチは、とてもよく使っていました。
水性で紙ににじまないのに、水に流れない顔料インク使用です。
ただ、現在は、仕事で手でやたら細かい文字(10.5ポイント相当かそれ以下)を書く事が増えて、
水性ボールペン0.3mmとかでないと無理になりました。
(そんな字を人間に書かせるほうが間違っていると思うのだけど)

ペイントマーカー白(三菱)
色の濃いものに字を書かなくてはならない都合で入っています。
紙ものならポスカにしますが、プラスチックなどにはこちらの方が早く乾いてよい。
始めにセットを買ったことがありますが、今使っているのは白だけ。

水筆(ぺんてる)
初めて見たのは、ユザワヤの画材コーナーだったと思います。
軸の中に水を入れて、水彩色鉛筆の線をすっとなぞると、
色鉛筆が溶けてすてきな水彩になるというもの。
一々、筆洗用の水入れを出さなくてもよく、少量の水でも長く使えるすぐれもの。
これを使うときは、お道具箱のほかに、水彩色鉛筆セットを持っていきます。
ちょっと色をつけて効果を出したいようなときに手軽に使えます。

消しゴムつき鉛筆(トンボ)
絵の下がきのように、ラフに書きたいときは、シャープペンシルより鉛筆です。
濃さはB。筆圧が弱いので、きちんと文字を書くとき以外はBが多いです。
何本も入っているときもあります。
消しゴムがついているので、ちょっとのミスはこれで消し、
ちゃんと消えないときはMONOを使います。

|

« お道具箱の中身2 切るもの | トップページ | お道具箱の中身4~とめるもの~  »

コメント

はじめまして
お名前をたどってやってきました。なるほど、文具の解説がいっぱいですね~。今後購入する時の参考にさせて頂きます。φ(・ω・ )かきかき
とりあえず、お気に入りに追加っと・・・

投稿: ゆーこおばちゃん | 2007年4月16日 (月) 00時22分

こんばんは^^
お越しいただいてうれしいです。
むこうでお茶をいただきましたので、夜中のコーヒーでも ■Dヾ(^∇^ )
神戸市のノートは大人っぽいですが、こちらの地域はもっと素朴な感じです、と書くのを忘れました。そのうち地域限定ノートをアップするかもしれません。(現在は、どれも1冊90円です)
今後もまたよろしくお願いいたします。こちらもお気に入りに入れさせていただきますね。

投稿: けふこ | 2007年4月16日 (月) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お道具箱の中身3 書くもの:

« お道具箱の中身2 切るもの | トップページ | お道具箱の中身4~とめるもの~  »