« June全集の内容 第3巻 榊原姿保美 深沢梨枝 石原郁子 | トップページ | June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 »

ポスカへの恋 その1

1983年(昭和58年) 水性顔料マーカー「ポスカ」発売。 

ポスカが産声を挙げた頃は、私は学生も終盤の頃。
やがて社会人になったものの、しばらくはポスカは高値の花でした。

どうやってその存在を知ったのかは、定かではありません。
憧れたのは、不透明さだけでなく、ソフトなその色あいでした。
マーカーで、黄だいだい(山吹色)エメラルドグリーンが出るなんて!
その明るいはっきりした中間色は、今までのマーカーにはないものでした。
不透明さだけなら、ペイントマーカーもあったのだけど、
匂いがなく、溶剤を気にしなくていいのも魅力でした。

でも、そのソフトな色を買おうと思ったら、どうあっても15色のセットを買わねばならない。
ピンクや水色だけなら8色でもよかったのだけど、惚れたのがエメラルドグリーンじゃね。
15色の方が、箱に立てて収納ができるので、機能的で好きだったのもあります。
でも、買うのなら、太字という名の角芯のと、中字という名の丸芯のと、
両方ほしいと思いました。
今なら、迷うことなく太字 ですが、何しろ使ったことがなかったので)

しかし、ポスカはマジックインキやマッキーに比べて高価です。
角芯の太字は、1本250円、15色では、3750円! 
中字でも、1本200円、15色では3000円。合計6750円~
今の私でも、簡単には手が出ない金額です。
それを、特に目的もないのに、ただほしいからという理由で買うのは、
社会人ペーペーの私には、とても困難なことでした。
(そうでなくても、仕事に必要な文具をいろいろ買わなくてはならなかったのです。)

そのポスカを手に入れたのは、数年後、
偶然、改装閉店セールをしている文具店があり、
全品3割引くらいで売られていて、その中にポスカがあるのを見つけ、
むろん、こんな機会はそうそうないからと、2種類買いましたっけ。

(後に、浅草橋問屋街で安く買えることがわかりましたけど)

こうして入手し、性能的にも大変満足度の高いポスカなのですが、
実は、対外的には、これほどストレスのたまる文具はない 、と言ってもよいのです。

アマゾンには15色がない ぶ~   (この項続く)

~続きの記事~

→ 「ポスカへの恋 その2

→ 「ポスカへの恋 その3

|

« June全集の内容 第3巻 榊原姿保美 深沢梨枝 石原郁子 | トップページ | June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 »

コメント

 
♪ ユニポスカで何かくの?
背中~♪

ポスカ発売当時、そんなCMがありました(^-^)
  

投稿: 松本麗香 | 2007年5月16日 (水) 03時24分

それは知らなかったです。ユニ坊主や野菜えんぴつのCMなら知っていますけど(←古)

投稿: けふこ | 2007年5月16日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/15081568

この記事へのトラックバック一覧です: ポスカへの恋 その1:

« June全集の内容 第3巻 榊原姿保美 深沢梨枝 石原郁子 | トップページ | June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 »