« June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 | トップページ | June全集の内容 第5巻 原田千尋 野村史子 柏枝真郷 »

ポスカへの恋 その2

苦労して手に入れたポスカですが、
世が高度成長時代だったんだか、そんなものぽいぽい買える人が未だに多いんだか、
かほどに粗雑に扱われる道具を、私は見たことがありません。

たとえば

・「ポスターカラー」を「ポスカ」という
 全然違うものなのに、こう呼んで平気な人がけっこういて気に障ります。
 ポスカは、私の恋するマーカーの名前 であって、絵の具の親戚じゃありません!

・書けないときに、粗雑に使って駄目にしてしまう人、捨ててしまう人が非常に多い
 ポスカのインクが出ないときには、紙にペン先をつけたまま、
 上下にカチカチと動かして、インクが染み出してくるのを待ちます。

 たったそれだけのことがどうしてできない!! 
 (ノ`△´)ノ

 A つかないと、もう使えないと思って捨ててしまう
     一番ひどい場合は、新品でまだインクが下りていないのに捨てられることあり。
     水性ペンなのに、乾ききるほどいいかげんに蓋をしめるのもどうかと思うよ。

 B つかないと乱暴にこすったり、ぐいぐい書いたりしてペン先をつぶしてしまう
     
角芯のマーカーは、簡単に明朝体が書ける仕組みになっているのに、
     (マーカーの芯が「一」のように横長になるように持って、
      そのまま向きを替えずに書くと、縦線は太く、横線は細く書くことができます。)
     ほうきみたいにほぐれた芯にしてどうする!
     だいたいこれも、地道なカチカチを怠ってそうなります。

 C 乱暴にペン先を扱って、ひっこ抜いた挙句、逆さまに入れる
     
…絶句

・ポスカを、広い面を塗りつぶすのに使う

 ポスカの価格と性能を考えたら、
 見出しや掲示物の文字程度を書くものだと思いますが、
 小さなものに色を塗るのにも便利です。色落ちもしないし。
 カラフルに多色で色分けなども、にじまなくてきれいだからわかりますよ。
 でも、こういうもの1色で、1㎡とか塗りつぶそうなんて、どういう神経なんでしょう。
 それこそ、ネオカラーでも、ポスターカラーでも、
 経済的で早く塗れるものはありますし、
 場合によっては、色の紙を貼ったりするほうが早くてきれいなこともあります。

 それでも、自分の懐をいためていれば、文句は言いませんけど、
 大体、そんな使い方をするのは、公共のものを使っている人。
 面倒だからって、何でもポスカで塗るんじゃない!
 
 やはりこういうものは、
 涙とともにポスカを買った者にしかわからないことなのかしら?

 で、職場で大量にポスカが捨てられたりしていると、
 必ず書けるかチェックをすることにしています。
 カスカスや、ほうき状態のを無理に復帰させなくても、半数は使用可だったりする。

 
最近は、持っただけで、復帰の可能性がわかるようになってしまいました。
 インクがかわいていないと、ポスカに重さがあるんですよ。

 重さがあるもののうち、中細タイプは、まず確実に復帰します。
 太字の角芯がめいっぱい乾いてしまうと、
 その面積全部インクを染み出させるのは大変なので、復帰しないものも出てきて、
 とても残念で悲しいです。

  →三菱鉛筆 uniポスカのページへ

 (たぶんもう少し続く)

~関連記事~

→ 「ポスカへの恋 その1

→ 「ポスカへの恋 その3

|

« June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 | トップページ | June全集の内容 第5巻 原田千尋 野村史子 柏枝真郷 »

コメント

ポスカは今でも中高生に人気の高いマーカーですよ。

でも見本を出してもフィルムを勝手にびりびり破って什器に落書きするコが後を絶たないので(水拭きでとれますが・・)セロテープでぐるぐる巻いて簡単にはむけないようにしているありさまです。
一度インクをフェルトに染み込ませたら商品としては成り立ちませんから・・・。
紙製品はそうでもないんですが筆記具はぞんざいに扱う人は多いですね。悲しいことです。

ノートと筆記具がならびにあったときは商品のノートに落書きまでされてました。
なのでノートと筆記具は離しています。
学生大人関係ないですから・・・悲しい世の中です。しみじみ。

けふこさんのお怒りごもっともですよ。
早く周りの人が気づいてくれるといいんですけどねー。

投稿: わっしー | 2007年5月17日 (木) 17時39分

おわかりいただけますか、わっしーさんっ!(感涙)
文具店の筆記具のためし書きのマナーはよろしくないですが、
ポスカ開けてしまう馬鹿がいるんですか!? 許せん!!
しかもノートに落書きってね~ セロテープでぐるぐるまきにして市中ひきまわししてやりたいわ。(←無駄遣いするなって)
自分のものと人のものの区別をしなさいっての。
私はたくさん買って、気前よく使うのは好きですし、
数をそろえて能率よく作業することもよく行っているんですけど、
それと無駄遣いは絶対違うと思うんですよね。
人のものを借りたり分けてもらったりして、無駄遣いするのは本当に許しがたい。
ポスカは、メークとかに使う人もあるとか? 塗料に近いせいかおもしろい使い方は他にもありそうですね。

投稿: けふこ | 2007年5月17日 (木) 21時46分

テープでぐるぐる巻きにして市中引き回しにするなら、
スリオンテックのブチルゴムテープをお勧めします(^-^)
本来の用途は人工芝接着用ですwww

投稿: Leica | 2007年5月17日 (木) 22時15分

おお~☆
人工芝接着用? これは強固にぐるぐる巻きできそうですね。
(¬ー¬) フフ
「テープ ぐるぐる巻き」なんて検索する人いるかしら?
(犯罪ぽい…汗)

投稿: けふこ | 2007年5月17日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/15086916

この記事へのトラックバック一覧です: ポスカへの恋 その2:

« June全集の内容 第4巻 ごとうしのぶ 須和雪里 鹿住槇 | トップページ | June全集の内容 第5巻 原田千尋 野村史子 柏枝真郷 »