« 5×3カードは1件1枚 | トップページ | June全集の内容 第12巻 耽美イラスト美術館 »

折り鶴は三角から? 四角から?

折鶴を作るとき、おりがみを最初に、三角に折りますか? 四角に折りますか?

結論から言ってしまえば、どちらからでもつるは折れます。

四角からの方が形を作るのが易しいと思うんですが、
三角から折る説明ばかり見かける気がします。

変形のつながった鶴を折ったりするときは、三角からでないと無理ですが、
よくずれてしまうという人には、四角からがおすすめ。
なぜどちらからでもそうなるのか、きっと数学的理由があるんだと思います。ええ、たぶん。
まったく説明できないので、聞かないでくださいまし。

Photo_41

画像は、伝統タイプのアジサイの折り方です。
千羽鶴用の小型の「ソフトハーモニーおりがみ」(ショウワグリム)を使いました。
鶴と逆に、外側に裏面が出るように折っています。

半分の半分に折って開き、「わ」の部分を折り筋に合わせて折って、
裏返して同じことをすると、三角ができます。
底に指を入れて開けば、「つるの5」(正方形の基本形)のできあがり(左下の画像)。
(昔、自分の折り紙の本にそう書いてあったので、未だに「つるの5」と呼んでいます)
三角から折ってもこの形になるでしょう?
(→ 三角と四角からそれぞれつるの基本形を折る画像は、このブログの栗の折り方にのせてあります。)

紫陽花は、この下の方を折って、花びらを一枚ずつ広げて折れば一つの花(ガク)のできあがり。
いくつも組み合わせればあじさいに、大きなサイズの折り紙で折って周りを切れば朝顔やナデシコにもなりますので、応用範囲が広いです。
Photo_42

別のアジサイの折り方も覚えて(それもなかなかおもしろい)
今日はやっと川崎敏和さんの一枚で花のかたまりを折るアジサイが折れるようになったので、うれしい ヽ(^◇^*)/ ワーイ
画像は後日~
(→ 川崎敏和さんの一枚折りの紫陽花のできあがり画像は、このブログのアジサイをいろいろなおりがみで折ってみたら…にのせてあります。)

拍手する

|

« 5×3カードは1件1枚 | トップページ | June全集の内容 第12巻 耽美イラスト美術館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 折り鶴は三角から? 四角から?:

« 5×3カードは1件1枚 | トップページ | June全集の内容 第12巻 耽美イラスト美術館 »