« 「暮しの手帖」が好きだった | トップページ | 薄きこと紙の如く ~マグネットテープ マグテ~ »

これなむ アラビア糊♪

先に、アラビア糊の話を書きましたが、(→「アラビア糊 調査結果☆」へ)

アンティークものを扱っているお店 エノキ de YONE で買った「アラビヤ糊」が届きました。
これが、私の使っていたものと同じ、象印の製品です。
高さは約10cm。アラビックヤマトの普通のものより少し背が低いと思います。
Photo_61 Photo_62           

のりの入っているガラスは、完全な円錐ではなく、ゆるやかな八角錘で、底と、ふたのあたる部分は円になっています。
記憶で記事を書くときに、円錐だったような、カットグラスの部分もあったようなと、あいまいで書けなかったのですが、こういうわけでした。

八角錘でやや平らになっているので、持ったときに円錘よりは安定性がよい。
びんも、均一な形というより、ちょっとゆがみがあったり気泡が入ったりしています。
色合いが当時の安価なビー玉と同じタイプで、予想では、回収された瓶から再生された製品だと思います。
で、このビー玉がまた私のお気に入りだったわけで♪

ステッカーの文字は、

象印 /  アラビヤ糊 / TRADE MARK/ (象の絵)/

MUCILAGE / EVER READY / MADE IN TOKYO

Photo_63 キャップはアルミ製で、ねじなどはなくかぶせてあるだけ。
 中ぶたは、シルクハット型の円筒形の部分だけで、ここを外すと海綿が入っています。
この部分がきちっとしまっているので、ねじは特に必要ないようです。

今回の製品は、お店の説明にもありましたが、この中ぶたがのりでくっついていて、
海綿部分は見ることができません。
アラビア糊は、水に濡れればまた溶けるものですが、ふちをちょっと濡らしたくらいでは外れなかったので、無理に外すのはやめました。
しっかりしまっていたおかげで、中身が乾かずに残っていたのだし。

また、どこかで蓋があくものが見つかったら、そのときに見てみることにします。

マジックインキが他の製品と一線を画するところは、太字マジックがガラスの軸を持っていることもあると思います。
プラスチック製品がほとんどのなかで、手に確かな重みを感じさせるガラス。
その手ごたえが好きなのかもしれません。

アラビア糊も、ひんやりした重みを手に伝えます。
粗雑に扱って落としたら壊れてしまうように感じるガラスのびん。
その大人っぽさは、なかなか今の文具には求められないものです。

|

« 「暮しの手帖」が好きだった | トップページ | 薄きこと紙の如く ~マグネットテープ マグテ~ »

コメント

象印、と聞くと魔法瓶やポットのメーカーを連想しますね☆
でもこの容器、けっこういい感じですね(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぞうじるしのポットを押したら熱いアラビアゴムが、しゅわしゅわと
カップの中に入っていった
背中にアラビア糊をわんさと積んだトレードマークの象さんが
銀座の道路を往来する・・・・

~ラベル見てるとそんなシュールな夢を見そうです(^^;)
 

投稿: Leica | 2007年6月13日 (水) 23時47分

「象印」といえば、私もポットや炊飯器しか思い当たらないのですが、この画像を見つけた象コレクターの方のHPによれば、けっこう「象印」を名乗る製品はあるそうです。でも、私も忘れていた、この糊のメーカー。
しかし、なぜに象さんは銀座で散歩なのでしょう? 歩行者天国、目的地は聖地伊東屋かな 笑 アラビア糊をわんさと積んで私に売りに来てほしいものです。また使いたいよう。

投稿: けふこ | 2007年6月14日 (木) 01時05分

うひゃー・・・これですか?うわさのアラビア糊。
見たことはないですねー・・。
しかし・・けふこさん。なんで知ってるの?が疑問なわっしーです。

投稿: わっしー | 2007年6月16日 (土) 10時28分

なんで知ってるの? って言われましても、本人が使っていたんですから(^^;) ごらんになったことないですか? 泣
売っていた近所の店も古い店だったので、買った当時、すでに製造中止されていた可能性が高いと思います。
(象印のはわかりませんが、フエキのアラビア糊の製造中止は昭和39年だそうです。さすがに、現役で使えた年齢ではないです~)
近所の文具店は、私を育ててくれた場所で、店の中をあちこち見て回って、おもしろそうなものを見つけていました。
でも、これは子どもには買えない風格のもので、実際に買ったのは高校生くらいからかもしれない。でも、糊が固まっていて困ったという記憶もありません。
先日、その店で(改装はしたけど)、昔のガラスびん入りのプラモデル用セメダインを買いましたが、これも液体は無事のようです。ガラスって、確かに保存に適しているのかもしれません。

投稿: けふこ | 2007年6月16日 (土) 12時22分

コメントありがとうございました。
けふこさんのブログは見やすくて、大変勉強になります。
まだ、ちらっとしか見せて頂いておりませんが、こんどまたゆっくり拝見させて頂きますね。

アラビヤ糊の瓶は本当に綺麗ですね。
中身が残っているなんて、デットストックだったのでしょうか?

これからも宜しくお願いします。

投稿: びっき | 2008年9月15日 (月) 15時12分

びっきさん
わざわざお越しくださってありがとうございます^^
そちらのブログの「地球糊」と色は違いますが、同じような雰囲気だと思います。
「地球糊」の瓶も、ちゃんとラベルが残っているいい状態でしたね。
http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-71.html
「地球鉛筆」は知っていますが、「地球糊」はびっきさんのところが初めてでしたので、きっとまだまだこういう糊は存在したのだろうと思います。
骨董市で、ガラスのヤマト糊の瓶も見つけましたが(まだアップしていません)、プラスチック以前にはいっぱいガラス容器って使われていたのでしょうね。
びっきさんのところのガラスコレクションはそういう実用品としての美しいものが多くて大好きです。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: けふこ | 2008年9月15日 (月) 15時26分

今日はパソの前にすわっています^^;
続けてのコメント、申し訳ありません。
けふこさんは、文具がお好きな様ですね。
じつはガラス以外のもういっこのブログがありまして、
そちらには文具なんかも少しUPしてあります。
まだ、これからですがそちらも宜しかったら見てやって下さい。

こちら→http://bikki7.blog102.fc2.com/

投稿: びっき | 2008年9月15日 (月) 15時59分

続けてのコメント、ありがとうございます 笑
もう一つのブログ、見せていただきました。
何といっても、セルロイドの虫めがねが素敵ですね☆
http://bikki7.blog102.fc2.com/blog-entry-22.html#comment
1個選ぶのにものすごく迷いそうな色とりどり。
(筆箱のセルロイドも大好きなんです~)
ベニス社の製品は、下敷きとか筆箱は見たことがありますが、パレットも作っていたんですね。
おもしろいものがいろいろ出てきてうれしいです。

よろしかったら、びっきさんのブログを、こちらの「昭和レトロ」のリンクに入れさせていただけませんか?

投稿: けふこ | 2008年9月15日 (月) 20時31分

ありがとうございます。
あんなブログでよかったら宜しくお願いします。
こちらからも、けふこさんのブログをリンクさせて頂きますね。
これからも宜しくお願いします。

投稿: びっき | 2008年9月15日 (月) 21時44分

早々のリンク、ありがとうございました。
こちらにもびっきさんの2つのブログへのリンクを貼らせていただきました。
これからもいろいろなきれいなものを紹介してください。
楽しみにしています。

投稿: けふこ | 2008年9月16日 (火) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/15413314

この記事へのトラックバック一覧です: これなむ アラビア糊♪:

« 「暮しの手帖」が好きだった | トップページ | 薄きこと紙の如く ~マグネットテープ マグテ~ »