« 月光荘画材店のすてきな小物文具 | トップページ | イーバンク銀行の気負わないネット募金 »

文鎮&ペーパーウェイトの楽しみ

ペーパーウェイトは、家にあってもただの観賞用ですが、職場では大事な机上文具です。
すべての書類やメモがポストイットになってるわけではないので、
こういうものを全然置いてくれない人の机にメモを置いてくると、なくならないか心配です。

まずは夏らしく、こんなのはいかがでしょう。
Photo_88

盛り付けてあるのは、100円商品のざる。
ざるとかかごとかは、小さくてしゃれたものが100円で手に入るので、こういう時の小道具に便利ですね。

ピーマンは野菜ですが、きゅうりは文鎮です。
ちゃんと見ると、本物のきゅうりとは明らかに違う色彩なんですけど、
なぜだか、置いてあるとキュウリそのものに見えるという代物。
(机の上に置いておいたら、何人もだまされていたもの)

書道用品売り場でよく見かけるので、興味をお持ちの方は探してみてください。
ナスもありましたが、ナスは小型なので、だまされる楽しさはやはり実物大のキュウリの方が上です。(そんな目的で買う?)
もちろん、重量も十分だし、長いので、机上でもものをおさえるのに役立ちます。

涼しげなところで、こんなものも。
Photo_89

これは、伊豆の手作りガラス関係の場所(はっきりしなくてすみません)のおみやげにもらったペーパーウェイトです。
直径が、長いところで8cmくらい、ガラスでずっしり重く、中に虹色がとじこめてあるようで気に入っています。

ところが、これが1回事件をおこしまして。

冬のある午後、このペーパーウェイトの下にコピーした紙をはさんで、そのまま席を立ちまして、
もどってきたら、その書類に黒い汚れがついていたんです。
あら、せっかくコピーしたのに何これ? と紙を持ち上げたら、その黒い部分が崩れて落ちた…
そして、さらにその下にしいてあった透明マットにも黒い焼け焦げが…

げ!!

この丸いペーパーウェイトは、窓から入った冬の低い日差しを、書類の上にしっかり集めてくれたのでした。
そして、焦点はじりじりと焦げて…
そんなものは、乱歩のトリックの世界だと思っていましたとも。
マットが燃えにくいタイプでなかったら、そのまま発火してたかも、でした。

なので、置き場には注意が必要です(しかし、きれいで実用的なので気をつけて使っています)。

|

« 月光荘画材店のすてきな小物文具 | トップページ | イーバンク銀行の気負わないネット募金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文鎮&ペーパーウェイトの楽しみ:

« 月光荘画材店のすてきな小物文具 | トップページ | イーバンク銀行の気負わないネット募金 »