« イーバンク銀行の気負わないネット募金 | トップページ | 謄写版(ガリ版)の思い出 その2 »

謄写版(ガリ版)の思い出

また、わっしーさんのブログからのネタで恐縮ですが、今回は謄写版(ガリ版)についてです。(すみません、わっしーさん。いつもお世話になります。正確には、リンク先は「出なくなったボールペン」の話なんですが。)

もう若い人は見たことがないかもしれませんね。
ガリ版は、目の細かい長方形の板やすりの上に、半透明のロウ原紙(原稿用紙などの方眼罫が印刷してある)をのせて、鉄筆で文字を書いて版を作ります。
間違えたときは、茶色の修正液を、蓋についた刷毛で塗って修正する。
それを、謄写版という印刷機にセットします。雰囲気は、プリントゴッコを木にして大きくしたものを想像してもらえばいいかと。

プリントゴッコは版を下げればそのまま印刷できますが、謄写版は、下げた後、版画を刷るローラー油性インクをつけたものを下から上に転がして、版を上げて印刷物をとりはずし、また版を下げて刷る、を繰返します。
少し時代が下ると、輪転機タイプの印刷機ができて、これは版をセットした後、手回しで回転させているだけで紙が順次送られていき楽でした。

私の小学校3~5年の担任の先生は、採用されたばかりの若い男の先生で、視聴覚機器とか情報関係に大変熱心な先生でした。
で、当時は、まだリソグラフやコピーなどない時代ですから、学校から配られる印刷物は何でもガリ版。
各学級の担任は学級通信などをガリ版で作っていたのですが、うちのクラスはそれと別に、子どもが書く学級新聞がありました。
ガリ版印刷で、毎日発行される新聞です。
たしか、班ごとに新聞を書く順番が回ってきたと思います。
担任の先生がずっと同じなので何年生のときかははっきり覚えていませんが、4年生くらいには作っていたと思います。

今、思えば、どこにそんな時間があったのかと思います。
やすりに鉄筆という道具が必要だったのだから、家で書いてくることはできませんし、分担して書いたものを寄せ集めることもできません。
記事にしたいものは考えた覚えがあるけど、下書きをした覚えはないので、ぶっつけ本番?
昼休みに書いたとして、またそれを印刷する時間はどうしたのか。
(放課後製作して翌日発行だったのかな?)
これも、自分たちで服を汚しながら印刷した覚えがあるので、先生に全部やってもらったわけではないのです。(当時は油性インクばかりで、洗濯してもインクはなかなか落ちませんでした。)

鉄筆の文字は書きにくく、茶色の修正液で消した後は鮮明にかけませんでした。
線を引くとき端から端まで引くと原紙が切れてしまうから少し短めにするとか、細かいコツを教わったと思います。
新聞の内容はさもないもので、それこそ、たまごサンドの作り方、なんてものもありました。

一時期、ガリ版に替わって、ボールペン原紙が使われたことがありました。
こちらは、ロウ原紙よりもっと厚く、上に白いみみ(たぶん輪転機タイプにセットする時のもの。いくつか穴があいていた)、点線の入った裏紙がついていました。
私の覚えているものは、ロウ色の白と、青地で文字が白く見えるものと2種類ありました。

ガリ版と違って、ボールペンで書くことで原紙を削って穴をあけるもので、
特別な道具がいらなくて、大勢が一度に作業することができましたが、
この原紙はカスがでやすく、文字が不鮮明になるので(コストもかかった?)、私の周りではあまり長い間使われず、またガリ版に戻っていました。
(私が接していたのは、ガリ版は80年代前半まで、ボールペン原紙は60年代後半~70年代初めくらいです。)
ボールペン原紙は、ボールペンに原紙のカスが詰まって書けなくなるので、もう出なくなったボールペンを使うようにと言われました。
(先のリンク先の早瀬かをるさんのコメントでは、ボールペン原紙用に、初めからインクの入ってないボールペンもあったそうです。これは私は未見。)

「謄写版(ガリ版)の思い出 その2」 へ続く

|

« イーバンク銀行の気負わないネット募金 | トップページ | 謄写版(ガリ版)の思い出 その2 »

コメント

かなり鮮明に覚えておられますねー・・。

私は鉄筆の書きにくさ(引っかかり感がある)と修正できなかった(覚え)インクの匂いが強烈でかなりきつかった(あぶらっぽかった)ぐらいしかないんですよねー・・。

TB、リンクありがとうございます。

追伸:ひょっとして私より年上の方?んんんんー???なギモンのわっしーです。すいません・・・。

投稿: わっしー | 2007年7月22日 (日) 21時02分

いつもお世話になっています。(実は斎藤オリジナル3色だけボールペンのことも書くつもりだった…よそさまで書きすぎだから控えました)。わっしーさんのところは、ほんとに話題が豊富ですね。
謄写版に関しては、先生が使っていただけでなく、自分たちが日常的に使っていたので、たぶん同世代よりは詳しいと思います。
年代がかなり書いてあるので、年齢の察しはつくと思いますが、わかっても歳は書かないで下さい(^^;)
子どもの頃から、前時代のなくなっていくものが好きだったのと、学生時代に10年くらい前の生活をしてたせいで、年齢以上に昔のことに詳しくなっているので、ますます年寄りに思われているかも。くすん。

投稿: けふこ | 2007年7月22日 (日) 22時16分

自分もこの話に乗ってみます(笑)。

自分が小学生のときには、もうむかしながらの原紙と鉄筆・やすりはほとんど使われておらず(いちおう教室にあったけど、ほこりをかぶっていた)、もっぱらボールペン原紙と、あとはドラム式の謄写用紙(って書いて、わかるかなぁ?古いファクシミリのような機械を使うもの)が使われていました。
中学校のときは、ひとりだけ鉄筆を使う先生がいました。曲線が書きづらいから独特の文字になりますよね。
同時期に、和文タイプがワープロに入れ替わっていったように思います。

去年、高知の文学館で、「ガリ版を使って文芸誌をつくろう」という企画があって、鉄筆で原稿を書いているところと、ローラーでインクを乗せているところをVTRで流していました(実物も「ご自由にお取りください」となっていたのでもらってきました)。いまの中学生・高校生にとって、鉄筆で書く(描く)感覚はいったいどうだったのでしょうね。

投稿: 早瀬かをる | 2007年7月23日 (月) 20時13分

早瀬かをるさん、おいでませ~♪(←未だに、早瀬さんと呼ぶかかをるさんと呼ぶか考えている私でした)
ドラム式の謄写用紙は、謄写ファックスと呼ぶものらしいです。これは生徒は使わせてもらえなかったので、詳しいことはわからないのですが、私の見たのはくすんだピンクの原紙でした。書いたものがそのまま印刷できるようになったんですからすごいですよね。(詳しくは、串間努さんの『まぼろし小学校 ものへん』に「まぼろしの謄写ファックス」という詳しい記述があります)
でも、逆に自分たちでは触れないものになってしまいました。
現在でも、水色方眼や原稿罫の「ファックス用紙」は健在です(私はホースのものが使いやすくて好き♪ 紙が厚手で中心がわかりやすいのです)。
鉄筆は、相手もヤスリで鉄ですから硬いもの同士で書きにくいんですよね。それと、おっしゃるように、原紙が破けないように独特の字体がありました。
慣れない高校生はきっと手が痛くなったと思います。でも、ローテクだから、逆に仕組みがわかりやすくておもしろかったかも。

投稿: けふこ | 2007年7月23日 (月) 21時48分

おじゃまします。
あちこちと飛んでいるうちに目について立ち寄りました。
私も長い間ガリ版を使ってきました。
印刷技術が一般の中に浸透したのか私も使わなくなり30年近くなり、全部揃ったセットが埃をかぶっています。
インキさえ手に入ればまだ使えるのですが、肝心の指を怪我したこともありもう使いません。
長年使ったこともあり処分しきれずに眠っています。どうするか考えあぐねている次第です。

投稿: zenzii | 2009年7月11日 (土) 13時26分

zenziiさん 初めまして
コメントをありがとうございます。

ホームページを拝見しました。
長きにわたる同窓会誌に驚きました。
zenziiさんの同窓会誌にも、かつてはガリ版が使われていたのですね。
ガリ版は、ワープロやパソコンやプリンターなどない時代、情報を発信したり記録に残したりできる重要な道具だったことがよくわかります。

思い出深いガリ版、インクは今も版画用のものが売っていますから、使うことはできると思います。
以前、いずれはガリ版を使う予定のあるというお話をされた方がいたので連絡してみましたが、ご不在でした。
どこかとご縁があり、zenziiさんのガリ版がまた活躍できる日が来ればいいなと思います。

投稿: けふこ | 2009年7月12日 (日) 00時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謄写版(ガリ版)の思い出:

« イーバンク銀行の気負わないネット募金 | トップページ | 謄写版(ガリ版)の思い出 その2 »