« 昔のファンシーびんせん その2 起山房便箋 | トップページ | 昔のファンシーびんせん その3 ユーカリ社 »

どうしてそんなにデカいのか~ハローキティ ジャンボ消しゴム~

ネットでたまたま見つけたんですが、サンリオオンラインショップの、ハローキティ ジャンボ消しゴム。(画像はリンク先を見てくださいませ)

文字で見たときは、お値段(6300円!!)にびっくりして、1桁間違えてるんだろ~と思いましたが、間違ってなかった 汗。
普通の消しゴム60個分っていっても、たかがしれてると思いましたが、これを持って本当に使うんですかい 汗 (使ってる画像もありますよん)
だって、2.2cm厚のB5ノートと思えばいいんだもん、この大きさ。しかも、1kg超え!

「拡大画像」…拡大しなくてもいいわい!

いったい、どういう意図でこれを開発したんでしょうか。
「小さきものはみなうつくし」の、枕草子以来の感覚に挑戦するのかサンリオ!

まじめに、千円くらいだったら冗談で買うのもありかと思うんですが、6300円持ってサンリオギフトコーナーに行ったらどれだけ買い物ができるだろうと思うと、これを買うのはどんな人かなと思います。
だって、たくさん消しゴムを使う人でも、箱で買って使う分だけおろすほうが傷まないと思うし、切り分けるのなら切ってあるほうがいいと思うし。

巨大な消しゴムはんこ、というより消しゴム版画を作りたい人にはいいかもしれません。
ああっ、でも、6300円よ~~。買う勇気あります?

|

« 昔のファンシーびんせん その2 起山房便箋 | トップページ | 昔のファンシーびんせん その3 ユーカリ社 »

コメント

>6300円

なにげに300円が税金。。。
キン肉マンの消しゴム・通称キン消しは消せない消しゴムでしたが、
はたして巨大キティ消しゴムは「実用品」なのでしょうか・・・?
 

投稿: Leica | 2007年8月20日 (月) 01時59分

お返事遅れてすみません。2つもコメントありがとうございます^^
キン肉マン消しゴムとか、スーパーカー消しゴムとかは、消しゴム自体がその形になってますから、使うとなんだかわからなくなるから「使えない」のですが、この6300円は、キテイちゃんの形をしているわけではなく、スリーブに絵が印刷してあるだけなんですよね。だから一応実用品の部類なんでしょうが、それにしては使い勝手が悪すぎる。カドケシに代表されるように、紙にふれる面積は小さいほど消しやすいのに、消しゴムの角だって同じ量の普通の消しゴムの60分の1しかないんですから。
私がサンリオの社長だったら、この消しゴムのおもしろい使い方を公募して、入賞者にこれをプレゼント☆なんてのをやってみたいものです。(すでにやってたりして…) 何か全然関係ないところで有効利用ができるかもしれません。

投稿: けふこ | 2007年8月21日 (火) 07時35分

>2.2cm厚のB5ノート
この大きさだとメール便では送れませんね~
クロネコにふられたシロネコ~(=^ェ^=)
 
 

投稿: Leica | 2007年8月25日 (土) 21時22分

クロネコメール便は厚さ2cmまでですからねえ。
ヤマト宅急便60サイズをお使いいただくしか。
エクスパック500になら入りますから送料は500円で可能~
(送料計算してどうする)
サンリオで通販してもらうと「シロネコキティのサンリオ便」で来たりして♪

投稿: けふこ | 2007年8月26日 (日) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしてそんなにデカいのか~ハローキティ ジャンボ消しゴム~:

« 昔のファンシーびんせん その2 起山房便箋 | トップページ | 昔のファンシーびんせん その3 ユーカリ社 »