« 青山店で金子功さんのマリエ展示 | トップページ | 伊東屋レッドクリップ選定商品2008への不満 »

ソックタッチは死なず

金子功さんの最後の作品のサンプルを見にいったときに、秋物のボーダー和柄(赤×パープル)を着ていきました。
日本調には合わせる小物はそれなりに持っていて、このときは、靴は貝合わせの赤、ソックスは以前に出たの紅葉のモチーフつきのものにしました。このソックスは、モチーフがいっぱいついているためソックスと思えないようなべらぼうな値段でしたが、セールにかかったのをいいことに3色ゲットしたのです。

ところが、家を出て早速問題点が。
ここのバレーシューズはきつめなので、貝合わせの靴は一つ大きなサイズを買ったんですが、珍しくつま先がやや開いた木型だったために、私の足にはゆるい。
ソックスの方は、モチーフがついているためにすぐずり落ちて、くしゅっとなってるだけならいいけど、透かし編みで締め付ける力が弱い上、丈はハイソックスより短く(金子系の標準)、靴がゆるいためにかかとがすぐにずれて靴の中にたまってしまいます。
これでは歩くことができません。
(前にこの靴を履いたときにはそこまで感じなかったので、そのときは厚めの靴下だったのかも。)

で、お江戸について一番最初に、まず靴売り場で状況を説明して、中敷を選んでもらって買いました。
これでだいぶ緩和され歩けるようになりましたが、ソックスのほうはいかんともしがたい。
ソックス売り場も見てみましたが、ソックタッチは売っていなくて、文具売り場が近くにあったらアラビックヤマトで貼り付けようかと思ったんですが(←乱暴)、一応それは実行しないで不自由なまますごしました。

ソックタッチって、発売当時は私は見向きもしない商品でした。
当時は、ソックスとハイソックスの中間の丈のソックスがはやりで、「アイビー」と呼ばれていました。
もちろん、中途半端な丈なので、すぐにずり落ちる。
これをずり落ちないように、ロール式の糊のようなものでとめる商品でした。

でも、当時の私は、ソックスは断然三つ折が好きで、まったく流行を無視していたので、一度も使ったことがありません。
アイビーソックスは、校則で、ワンポイントまで、とか、ライン1本まで、とか細かい規制が入って、それでも衰えない人気に、「ソックタッチを使うと皮膚ガンになる」なんて根も葉もないことを大人が言ったりしていました。

先ごろ、ルーズソックスが流行したときに、ソックタッチも息を吹き返したと聞いたのですが、ブームが去ってしまうと靴下売り場にも見当たらない。
帰ってからネットで調べてみたら、こちらではいろいろ見つかりました。
私が購入したのは、ケンコーコム取り扱いの、スーパーソックタッチ
どうせなら、しっかりとまるほうがいいわよね、ということで、一番粘着力の強いタイプにしました。

で、その次のときは靴下をソックタッチでとめていったんですが、見事に、一日中靴下のことは気にならなかった!
これならモチーフつきでも全然気になりません。
さすが、ロングセラー、競争の中で生き残ってきた商品ってことだけはあります。
カネコ関係の靴下の引き出しに、ソックタッチもおさまることになりました。

今の靴下の流行の様子では、ソックタッチはあまり需要がなさそうですが、商品の感想の中にはニーソックスに使うという人もいたので、靴下丈によっては必要な人も出てくるかなと思います。
冬の時代もあるかもしれませんが、生き残ってほしい商品です。

ワンダフルワールドの最後のソックスは、透かし編みで、珍しくハイソックス丈でした。
最初にお店にあるだけ買って、その後も、たまたまの入荷などで見つけると買っています。
ロゴの入った薄葉紙で作ったソックスの大きさの袋に入れてくれたときにはびっくりして、
この薄い紙を貼って作ったんですか~! と言ったら、お店の人が、「暇で、暇で」とおっしゃってました。(そのときは商品が全然ない状態でしたので)
あの薄い紙、コサージュケースに入れるくらいしか使い道が思い浮かばないのですが、どなたかいい利用法をご存じないですか? (それ以前にすぐ破けてしまうのですが 泣)

|

« 青山店で金子功さんのマリエ展示 | トップページ | 伊東屋レッドクリップ選定商品2008への不満 »

コメント

こんばんは☆

ソックタッチとリップを間違えて、唇がくっついたという
都市伝説がありますwww

 

投稿: Leica | 2007年11月12日 (月) 21時19分

Leicaさん、こんばんは
ソックタッチとリップクリームを間違えたというのはあいにく私は知りません(何しろ使っていなかったし)。 雰囲気は、ソックタッチとアンメルツのほうが近い気が。(これも間違って肩に塗ったら大変かも)。
ピットのりで、ケースもイラストつきで、半透明で少し色がついて香りつきのものが出ていた時期がありますが(今でもあるかも)、それならリップクリームと間違えそうですね。もともと「口紅型のり」として発表されたものだと思うし。
ソックタッチで紙を貼ったら性能としてどうなのか、実験してみたい気もします。

投稿: けふこ | 2007年11月12日 (月) 21時30分

>雰囲気は、ソックタッチとアンメルツのほうが近い気が。(これも間違って肩に塗ったら大変かも)。

ソックタッチのつもりでアンメルツ塗るのって、
足が疲れる前に先に塗っての筋肉痛対策ですね(笑)

>ソックタッチで紙を貼ったら性能としてどうなのか、実験してみたい気もします。 

紙は同でしょう? 性能的には貼って剥がせるメモくらいの接着力くらいかな?(^-^)

 

投稿: Leica | 2007年11月12日 (月) 21時55分

保育園のときだったか、いとこの家に行ったときにソックタッチを塗られたことがあります。靴下を脱ぐとき痛くって、それから近づかなくなりました(笑)。
あのボールタイプの塗り口は、制汗剤っぽい感じもありますね。液体のりにも、同じような口のものがあった記憶もあります。

話はそれますが、液体のりでは「コロピタ」なんてものもありましたねぇ(ピンクレディーがCFに出ていたのをおぼえている)。これも古い話…。

投稿: 早瀬かをる | 2007年11月12日 (月) 22時01分

Leicaさん
筋肉痛対策にはもう少し広範囲に塗りたいところですね。昔から、ゴムを折り返した部分の皮膚に一周ぐるっと塗るのが普通かなと思います。
貼ってはがせるのりとして使えたら便利ですね。成分は化粧品に使うものだと書いてあったので、パックなんかに使うものかもしれません。アクリル系粘着材だそうです。
木工用ボンドを手に塗ってはがすとすべすべになる、というのは今も昔も子どもの遊びになっているような。

早瀬かをるさん こんばんは
ソックタッチ初体験、保育園ですか? 
世代差がありそうですね(^^;)
制汗剤ロールタイプは後発の商品なので、こういうものから派生したのかもしれませんね。糊の方はあったような気もしますが、覚えていません。
コロピタは自分では持っていなかったと思いますが、ピンクと青緑の透明な細長い容器で、小さなローラーで糊をつけるようなものでしたっけ?(全然ちがっていたらすみません)
水糊タイプは、三角のポリ容器に入ったものか、楕円と三角が混じったような形の容器のものを使っていました。どちらも、糊の出口が一文字に切ってあるタイプで、アラビックヤマトタイプよりこちらのほうが糊の制御がしやすくて好きでした。

投稿: けふこ | 2007年11月12日 (月) 22時22分

 
>木工用ボンドを手に塗ってはがすとすべすべになる、というのは今も昔も子どもの遊びになっているような。

かつてアナログレコードの音溝の掃除に木工用ボンドを使う荒技士がいるそうですwww
今もやっている方がいるかもwww
 

投稿: Leica | 2007年11月12日 (月) 23時56分

Leicaさん
オーディオファンらしいコメントですね♪
うまくごみがとれればいいけれど、逆にボンドが溝に残ってしまうようなことはないのか少々心配です。
化粧品のパックのほうがいいんじゃないでしょうか。はがすのを想定して作っているのだから。

投稿: けふこ | 2007年11月14日 (水) 23時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソックタッチは死なず:

« 青山店で金子功さんのマリエ展示 | トップページ | 伊東屋レッドクリップ選定商品2008への不満 »