« 今年のカレンダー 何にしました? | トップページ | 1月5日 25周年 ピンクハウス物語 横浜ランドマークプラザで開催  »

文具のCMだと思った ~キョーリン~

画面に映ったのはたくさんのコピックマーカー。
透明スタンドにたくさん立っていて、選ぶのに迷うほどのその数。
それから、きちんと削ってあるおろしたての鉛筆が半ダースほど。
ああ、文具ってきれいだなあと思いました。

コピックの中からどれを選ぼうかと迷う手がそのうちの1本を取り出して、
白い紙の上に曲線を描く。
それを3回繰り返して…青、オレンジ、黄緑で、ハートに似た模様を書いて。

でも文具のCMじゃなかった。
キョーリンのでした。
(鉛筆は持つシーンがなかったけど、何のために出てきたんだろう? 見たのは短縮版で、ロングバージョンだと使うのかな?)

あ、1回見ただけなので、細部違ってたらごめんなさい(^^;)

そういえば、昔は、文具のCMっていっぱいあったような。
「まっ黒けのけ」や「見える、見える」のボールペンとか、ユニボールや野菜鉛筆とか、カシオミニとか、象が踏んでも壊れない筆入れとか、「君のは太い」シャープペンとか、「はっぱふみふみ」とか。(全部わかったらあなたは同世代☆かも)

今はそういう小物CMはあまりないような気がします。

拍手する

|

« 今年のカレンダー 何にしました? | トップページ | 1月5日 25周年 ピンクハウス物語 横浜ランドマークプラザで開催  »

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

杏林製薬のマーク、以前はアンプル(「杏」の文字が入っていた)を3つ組み合わせたものでした。おととし、持株会社体制になったときにいまのマークになっています。って、こんな話を書いてもしかたないかな(笑)。

製薬メーカーの広告、最近はちょっと情緒的なコピーが多いような気がします。「明日は変えられる。」とか「つくっているのは、希望です。」とか。なるべく「かたさ」を出さないように広告を考えるのかもしれません。

投稿: 早瀬かをる | 2008年1月 3日 (木) 22時51分

早瀬かをるさん、本年もよろしくお願いいたします(^^)
CMそのものが、情緒的に流れるものが増えているようで、「あの○○が出ているCMおもしろいね~」と言いながら何のCMかわからなかったりするので、CMの意味があるのかないのか。
(TV権がないのであまり詳しくないんですけど)
薬関係だと、今は風邪薬のCMが多いでしょうか。
私が認知してるのは、ベンザブロックとジキニンくらいです。
再春館製薬の生産ライン?みたいなのは割と印象に残りますが、おもしろいというのとは別物ですね。

投稿: けふこ | 2008年1月 3日 (木) 23時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文具のCMだと思った ~キョーリン~:

« 今年のカレンダー 何にしました? | トップページ | 1月5日 25周年 ピンクハウス物語 横浜ランドマークプラザで開催  »