« 『頑張る日本の文房具』バーゲンブック化 | トップページ | 一つとして同じものなし♪ 雪の結晶スタンプ »

「雪」(雪やこんこ)の1番 歌えますか?

天気予報どおり、雪。
「1時間に1cm」も当たるのなら、明日には24cm雪が積もっているはずです。
(うちの職場付近は3~5割増しかな…)
近頃には珍しいですね。
また明日はカネコのリュック、というより、交通機関動くかしら(^^;)

降っている雪を見ていると、「雪」(文部省唱歌 作詞作曲者不明)は、つい口から出てくる歌ですが、
これは、珍しく2番が1番をくってしまった歌。
「犬はよろこび 庭かけまわり 猫は こたつでまるくなる」
これがあまりにもぴったりで、動物の様子が対照的でかわいらしくて、みんな大好きなんでしょうね。
子どもは犬のように雪が大好きです。
こたつで丸くなる猫は、こたつの上にいるのかな?
藤城清治さんの影絵にそういうのがありました。
炭火こたつの時代には、やたら中に入るとあぶないし。
今は電気のこたつなので、猫はこたつの中でのびています。
(うちの猫は、私のことを、こたつの係だと思っているらしい。朝、「こたつつけて」とアピールします。)

1番が情景、2番が動物という順番を逆にしたら収まりが悪いので、この順番で行くしかないのですが、
「山も野原も綿帽子かぶり 枯れ木残らず花が咲く」は、どこかにいってしまうことが多い。
Photo_5 「枯れ木に花」も、これまたぴったりだと思うのですが。

「雪やこんこ」の「こんこ」は、「来む来む」で、「来い来い」、つまり「どんどん降ってこい」という意味だと何かで読んだのですが、何だったかな?

拍手する

|

« 『頑張る日本の文房具』バーゲンブック化 | トップページ | 一つとして同じものなし♪ 雪の結晶スタンプ »

コメント


♪雪がドンドン 霰がガンガン
 降っては降ってはズンズン積もる
 山も野原も綿帽子かぶり
 枯れ木砕けて 花と散る♪

積雪が滅多にないところでは、雪が積もるくらい降ると
逆に恐怖ですね(^^;)

 

投稿: 松本麗香 | 2008年2月 3日 (日) 16時50分

麗香さん こんばんは♪
最後が「花と散る」だと、「自衛隊に入ろう」を連想してしまうじゃありませんか^^;(←いつの生まれだ)
子どもの頃から雪にはなじんでいますが、県内では雪が降らない地域の方が多くて、学生時代には「あられ」を見たことがないという同期が多くてびっくりしたものです。暖かい市では、ほんの数センチの雪で休校になったなんて話まであります。(もちろん、うちの地域では休校はめったにありません。)
都心も雪には弱いようですね。人も雪に慣れていないから、事故が心配です。

投稿: けふこ | 2008年2月 3日 (日) 20時51分

こんばんは
週末に、こちらではめずらしく雪が降り積もりました
まさかコメント書き込んで1週間後に降雪になるとは・・・(^-^;)
 

投稿: 松本麗香 | 2008年2月11日 (月) 21時36分

麗香さんのところで雪は珍しいですね。
枯れ木砕けて 花と散ってました?^^
今年はこちらも雪が多いです。
昔はともかく、このごろは寒くても雲がないので降らなかったのですが、明日の朝も雪らしい^^;
土曜日の雪も職場で溶けているか不安です。
雪、嫌いじゃないんですけど、大人はいろいろすることがありますから。

投稿: けふこ | 2008年2月12日 (火) 01時38分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雪」(雪やこんこ)の1番 歌えますか?:

« 『頑張る日本の文房具』バーゲンブック化 | トップページ | 一つとして同じものなし♪ 雪の結晶スタンプ »