« 童謡「ぼくのクレヨン」の12色 | トップページ | 計画の立てようがないリサイクル購入 »

色々あります~学校で使う水彩絵の具12色の組み合わせ~ その2 ぺんてる編

先の記事、「色々あります~学校で使う水彩絵の具12色の組み合わせ」の追加です。
今回は、ぺんてるの製品について、画像つきで補足します。

1 ぺんてるの旧製品(細身ポリチューブの「ぺんてるえのぐ」WYB-12 

Photo     Photo_2     これは古い「My Sketch」水彩セットに入っていたもの。
「みずいろ」「オレンジ」「ペールオレンジ」のほか、「おうどいろ」が入っていて「ももいろ」がない、変わった仕様になっています。
これは、学校納品タイプで、実は、画像のように、元の仕様には「ももいろ」が入っていたものです。学校の要望によって色が入れ替わっていたようです。(書き直したのは持ち主でしょう。)

Photo_3 私の持っていたバラには、シールが2種類ありました。右のものはバーコードがついているので、店でバラ売りされていたものだと思います。
「むらさき」は12色には入っていませんでしたが、バラも販売されていたようですね。緑色のものは「みどり」で、「ビリジアン」ではありません。

2 「ぺんてるエフ水彩」 ビリジアン入り12色(主に文具店) (ビニールパックのもの WFC3-12 箱入りのものWFC2-12 ここにはありませんが箱入りのポリチューブもあります。)

Photo_4 画像ではビリジアンを飛び出させるのを忘れています(^^;)
特徴は、「湖の家」という、緑系の絵がついていること。(箱入りポリチューブは、この絵が縮小されて、絵の具チューブの絵がついています。)
この絵がついていれば、ポリチューブでも金属チューブ(クリーンチューブ)でも、ビリジアンの入った12色のようです。

このタイプには「レモンいろ」「ビリジアン」「あいいろ」「しゅいろ」「おうどいろ」が入っています。

3 「ぺんてるエフ水彩」 YFC2-12みどり・そらいろ入り12色(量販仕様と思われます)

Photo_5 これが、先に挙げた「ぺんてるえのぐ」の流れをくむタイプで、売っていたのはホームセンターです。同じ12色でも、中間色の多いタイプで、「みどり」「そらいろ」「ももいろ」「だいだいいろ」「ペールオレンジ」が入っています。
現在の市販の「My Sketch」にもこのタイプが入っていますが、このように単品売りも残っているわけですね。
箱の絵は、水色の地に赤いヨットのある絵で、チューブの色写真が出ています。
量販仕様の12色は、色のシールが別になっていて、名前などを書いて貼るようになっています。

Photo_6 2と3は、どちらも「ぺんてるF水彩」の12色を名のりながら、実際は5色も色が入れ替わっているわけで(画像では「ビリジアン」と「みどり」が抜けています)、これは買う側にはかなり迷惑な話です。
「ぺんてるエフ水彩のポリチューブの12色買ってきてね」の指名買いでも、行った場所がどこかによって、違う製品が並んでいるわけですから。

バラ絵の具は、近くの文具店ではどこも、ビリジアン系12色以外の、そらいろ系のバラも扱っていましたが、ホームセンターでは、ビリジアン系の「あいいろ」などは売っていませんでした(訂正)目立つところに吊るしてあるバラにはありませんでしたが、引き出しに入れて売っていました。

次は、サクラクレパスの製品を取り上げたいと思います。

拍手する

→ 続きは 色々あります~学校で使う水彩絵の具12色の組み合わせ~ その3 サクラクレパス編 へ

|

« 童謡「ぼくのクレヨン」の12色 | トップページ | 計画の立てようがないリサイクル購入 »

コメント

 こんばんは、ちょっと遡ってコメント入れさせてもらいます。息子の絵の具は学校でセットで購入したものでしたが、WFC3-12タイプでした。
 ポリチューブでワンタッチキャップはすぐれものだと思っていましたが、ふたの方のポチッと出た部分のまわりに絵の具が固まり、きっちりと閉まらなくなってます。息子に毎回きれいに拭き取るなんて細かい考えは無く、ここまではメーカーも考えなかったんだろうな。ま、家の子が大雑把なんですけど・・・
 私が子どもの頃のは、アルミでふたが固まって無理に開けると思わない所が破れてあわてたな~。それに比べるとものすごい進歩ですよね。

投稿: ゆーこおばちゃん(キャスパー) | 2008年3月22日 (土) 23時51分

こんばんは^^ コメントありがとうございます。
息子さんの学校では、混色に向いた12色絵の具を使っているのですね。
ワンタッチキャップに絵の具が固まってしまうトラブルがあるとは! こういうのって、実際に使っている様子を気をつけて見ないとわからないことですよね。そういうのって、大人が使っているとなかなか気づかないので、とても貴重な視点だと思います。
「うちの子のはどうかな?」と見てくださったのがとてもうれしいです。
実は、私はワンタッチキャップタイプでも、普通にねじって開けてしまいます(蓋が開くのに、と言われたことがある)。ねじって開ける時代が長かったし、今みたいにワンタッチキャップとそうでないのを混ぜて使っていたりすると、色によって方法を変えるのが面倒で。だから固まるトラブルはない☆←いばってどうする。

昔は、チューブが切れてしまったり、チューブが完全にかたまってしまったり、少なくなった絵の具はチューブを広げて直接筆をつけて絵の具をとったりとかもしましたよね。
今はチューブが切れるトラブルはありませんが、「入ってると思ったのに」のトラブルが多そう。1回なら、伊藤家の、歯磨きなどを最後まで使い切る裏ワザ(チューブに空気を入れて逆さまにしてぶんぶん振る)で何とかなりますが、蓋が飛んで絵の具が飛び散って大変だったという話も聞きました^^;

投稿: けふこ | 2008年3月23日 (日) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々あります~学校で使う水彩絵の具12色の組み合わせ~ その2 ぺんてる編:

« 童謡「ぼくのクレヨン」の12色 | トップページ | 計画の立てようがないリサイクル購入 »