« レター関係 「音楽」その2 | トップページ | 定番とジスマークのナイス☆パロディ ~BEAMS セブン-イレブン コラボレーション文具~ »

ぺんてる「ふとパス」と「パステル」は同じ中身

ぺんてるの学童用のパス類(「クレパス」の仲間)はいろいろあって、同じコーナーにそれらが並んでいると、目移りというか、めまいがしそうです。私の近所の店では、「ぺんてるふとパス」「「ぺんてるパステル」「ぺんてるパッセル」「ぺんてるふとパスー自然の色ー」が並んで売っていました。これに、クレヨンと、サクラクレパス他の製品が加わるんですからもう大変です。

Photo 画像は、「ぺんてるパステル」「ぺんてるふとパス」それぞれ16色のものです。男の子と女の子のキャラクターは共通ですが(ついでにいえば、クレヨンも共通だ!)、ポーズも違えば色のイメージも違う。当然、違う製品だと思います。

Photo_2 ところが、ふたを開けてみると、中身はどちらも「ぺんてるパステル」と紙巻表示してあって、色の順番は違いますが入っている色は全く同じ。(白 黄 ペールオレンジ だいだい色 茶色 赤 水色 青 黄緑 緑 黒 灰色 黄土色 桃色 紫 こげ茶)。
まったく同じものである証拠に、1本ずつについている製品番号(単色を注文するときに使うと思います)は、白ならどちらも「GHS-T29R」です。

カタログをよく見ると、「ぺんてるふとパス」には「限定商品」のマークがついていて、「在庫がなくなり次第販売を中止する商品です」という断り書きがあります。つまり、「ぺんてるふとパス」はそのうちなくなって、「ぺんてるパステル」にとってかわられる予定なのですね。

しかし、この「ぺんてるパステル」という名前にはいくつか問題点があります。

1 「パステル」は、通常、オイルパステルには使わない名称では?

この製品は、重ね塗りや混色ができ、水をはじく油性のもので、「オイルパステル」系の性質を持っています。箱にも小さく「オイルパステル」と表示してあります。
しかし、パステル画などに使われる基本の「パステル」は、チョークやコンテのような雰囲気で定着剤を使わないととれてしまう性質の画材です。「パステル」がオイルパステルを指すことは少ない筈で、使う場合には「オイルパステル」とわざわざ書くようです。これを製品名にすると、「パステル画のパステルだと思って」買う人、逆に買わない人と混乱します。

2 別の「ぺんてるパステル」がすでに存在している

コーナーは学童用から少しずれるかもしれませんが、「ぺんてるパステル PASTEL」という製品が別にあります。これは、四角の硬い画材で、イメージはコンテです(ぺんてる社は「従来のかたいコンテと軟質のパステルの中間のかたさ」と言っています。) 12色セットなどもあるので、まぎらわしいと思います。私の行く文具店Bは小さいので、クレヨンやパスと同じコーナーで売っています。

3 「ふとパス」という名前が定着している

文具店Aでは、「ぺんてるふとパス単色注文中です」という紙が貼ってありました。実際はふとパスの単色は現在は「パステル」なのですが、お店でも「ふとパス」だと思っているわけです。

4 「自然の色」に「ふとパス」の名前を冠している

Photo_3 私の好きな「ぺんてるふとパス-自然の色-」の名前に「ふとパス」が入ってしまっているあたり、名称の統一がされていないなあと思います。学童用から「ふとパス」が消えても、大人用?に「ふとパス」が残ってたら意味がないのでは?

カタログ写真では、この製品1本1本は「ぺんてるふとパス」という紙巻になっています。(単品名は「パステル」です。)発売当時は確かに「ふとパス」だったわけですが、現在の中身は「パステル」。これもそのうちリニューアルしなくてはならないのでは?(2007年のカタログではまだ「ふとパスー自然の色ー」です。)

「ふとパス」にかわる名称として「パステル」を選んだのには会社なりの理由があるのでしょうが、先に挙げた理由からあまりプラスには働かないと思うのですが。
さらに、ぺんてるには「パッセル」もあるんですよ。(長くなるのでパッセルについては次の機会に) どれを選んだらいいのか買う側にわかりますか?
私はカタログを読んで、両者の中身が同じものらしいことはわかりましたが、どうも現物を確かめてみるまで信じられなくて。だって「同じものです」とはどこにも書いていないし、製品説明も違うんですから。

とりあえず、「ぺんてるふとパス」と「ぺんてるパステル」はまったく同じ中身なので、後は、ケースの好みなどで決めればよいということになります。カタログ上の値段は同じで、「パステル」の方はホックつきです。

なお、「ぺんてるふとパス-自然の色-」は24色ですが、普通の24色パスやクレヨンとは違う色選定で、中間色を多用したものになっています。緑が5種類もある一方で、通常の16色にも入っている「紫、水色、桃色」などがなく「こうばいいろ」「あかるいあお」「きねずみいろ」などが入っています。普通の小学生向きというより、大人向き商品かなと思います。トンボの中間色色鉛筆「色辞典」が好きな私は、当然これは大好きです。

拍手する

~関連記事~

ぺんてるパッセルについての記事はぺんてる『パステル』も『パッセル』も中身は同じ?

|

« レター関係 「音楽」その2 | トップページ | 定番とジスマークのナイス☆パロディ ~BEAMS セブン-イレブン コラボレーション文具~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぺんてる「ふとパス」と「パステル」は同じ中身:

« レター関係 「音楽」その2 | トップページ | 定番とジスマークのナイス☆パロディ ~BEAMS セブン-イレブン コラボレーション文具~ »