« クジラナイフは切れ味抜群 | トップページ | 100円おりがみケースは活用度大☆ »

浅草橋のハンコ屋さんの看板猫と猫グッズ

東京の浅草橋は文具・駄玩具・ビーズなどのアクセサリーパーツなどの問屋街です。私が行き始めたころに比べると商店もだいぶ入れ替わりがありますが、それでも、安く買えて、問屋でもあんまり素人さんお断りでないところや、1個単位でも買えるものがあることが親しみやすい理由になっています。

その中の石田盛文堂は印章の問屋さんです。
私が初めて行った頃は確かにはんこがメインで、いろいろなサイズの数字印を格安で買ってきた覚えがありますが、最近はただのハンコ屋さんではなくなっています。

Photo Photo_2 これは今年2月の画像ですが、いつの間にか、「ねこグッズ商い中」の看板ができていました。店の前のワゴンには、猫のスタンプがいっぱい並んでいまして、これも以前よりもだいぶ種類が増えている様子。

そして、看板のすぐそばのウインドウを見たら、いました!
Photo_3 Photo_4
ここの看板猫ロクちゃん。この日はショーウィンドウの掛け軸の前での~んびりと日向ぼっこしていました。
お客さんも、「あ、猫のスタンプ、猫のグッズ♪」で足をとめ、本物の猫がいるので、きゃ~^^ と喜んでいる方ばかりでした。

冬はここがお気に入りだそうですが、季節により、ハンコのワゴンにいることも、店内のロクちゃんのかごに入っていることもあり。(猫って自分の一番気持ちいい場所を探してそこにいますものね。)
不機嫌な時もあるらしいですが、私が行ったときは今のところ穏やかで、なでても気持ちよさそうにしています。犬が来たときなどもそんなに激しく反応はしないそうで(できた猫)
浅草橋商店街を、お店の方と散歩していることもあるそうです。

店内に入ると、右手のウィンドウの後ろになるあたりに猫グッズコーナーができています。紙物、Tシャツやエプロンなどの洋服関係、てぬぐいやハンカチなどの布もの、七宝や彫金のアクセサリーや置物のショーケース、など作家物も多数。

聞けば、ロクちゃんにひかれて来店したお客さんから猫好きの輪が広がって、猫好きの作家さんを紹介されたり、それを目当てにくるお客さんが来たりとかで、とても猫ものが増えたそうです。

私のここで一番のお気に入りは猫の革製品です。
Photo_5Photo_10 左の画像の2つは以前購入したもので、大きな方は新幹線サイズの切符やカードが入る大きさ、小さな方は近距離切符が入る大きさです。
止め具が猫の手になっていたり、猫足がパンチしてあったりして芸が細かいし、この「パチン」と留まる具合が実にいいのです。もう、旅行に行くときは必ずこれがバッグに入っています。
2月に購入したのは右の画像で、リモコン入れらしいですが、文具でも身の回り小物でも、置き場所を決めたいものにぴったりです。
これらはすべて1点ものなので、複数あるとどれも素敵で悩む。

Photo_7          

Photo_8

そのほかには、カルピスのもじりの「キャトピス」の名前はいまいちなれど、黒猫の図案が気に入って買ったトートバッグ(中に携帯やお財布を入れるポケットがあって使いやすいし、素材は丈夫。同柄のTシャツなんかもあったらしいです。)。
歌川国芳の「猫飼好五十三疋」(「ミョーカイコー」が「東海道 (トーカイドー)」の地口になっている)の手ぬぐい。(大磯→猫が大ダコをひきずって「重いぞ」、興津→猫が寝ていて「起きず」 、新居→猫が顔を「洗い」なんて具合。)
しかし、この前のBEAMS文具といい、私がパロディものに大変弱いのがありありですね。

その他のおもしろそうなものでは、レトロな評価印がたくさん売っていました。(浸透印でなく軸も木でできているようなタイプ)
アゲハが卵から蝶になるまでの変態を5段階評価にしたのなど、発想は悪くないのだけど「よくできました」がまだサナギだったりするのはちょっと納得がいかない。(アゲハは「たいへんよくできました」なのだ。)

Photo_9 その中でもこれは…さるかに合戦の進行に合わせたのはいいけど、なんか評価と絵がかなりずれているような気がする。(だから買ってしまった)

そのほかにも、フードつきトレーナーとか、ここに画像のないスタンプとかを色々買って、これから本業の出張に行くのにどうするんだの大荷物になってしまいました。

でも、猫がお好きな方にはほんとにおすすめの石田盛文堂です。
問屋さんなので、日曜祝日はお休みです。営業日にはお気をつけて。

→ 浅草橋問屋街の地図はこちら 石田盛文堂の他にも、おもしろいお店、お買い得品のお店がいっぱいです。

~残念な追記~

掲示板「ねこのクリスマス」の今年3月6日の記事に、「石田盛文堂の移転(近所)、ロクちゃんが高齢のため引退、猫グッズの販売中止」ということが書かれていました。
私がここに行ったのは2月で、まだそんな話は出ていませんでした。
「いつまでも あると思うな お気に入り」 「いつまでも いると思うな 看板猫」
現地は未確認ですが、書いた早々、こんな訂正になってしまって申しわけありません。
今度からもっと早く報告をしなくてはと思いました。

拍手する

|

« クジラナイフは切れ味抜群 | トップページ | 100円おりがみケースは活用度大☆ »

コメント

これは(・∀・)イイ!

猫がいると、(=゚ω゚)ノィョゥ♪と挨拶する私です♪

黒猫グッズの看板は目が光るようにしているところが芸が細かいですね
(もしや修正跡??)
リモコン入れの猫は実にいい雰囲気出ていますね~
革の質感がこれまたいい感じに仕上がっていますね

ニャトピス、、マタタビ飲料とありますから全部飲み干す頃には
べろんべろんでしょうかwww

 

投稿: 松本麗香 | 2008年5月14日 (水) 02時28分

麗香さん こんばんは
猫の看板はよく見ていなかったんですが、目にアルミホイルか何かを貼ってあるみたいですね。
革のリモコン入れも、もうとってもお気に入りです。使い込むほど味がでそうですし。
猫のおもちゃお楽しみ袋には、ちゃんとマタタビ粉末やマタタビ入りおもちゃが入っていましたよ。

でもっ! 紹介しておいて何ですが、さっきネットを見ていたら、この石田盛文堂の移転と、ロクちゃんの引退、猫グッズの販売中止を書いている掲示板があったんです。

ねこのクリスマス
http://8808.teacup.com/nekonokurisumasu/bbs
今年3月6日の記事で、4月いっぱいで猫グッズ販売中止ということが書いてあります。

私が行ってから一月もたたずにそんなことになっているとは。
現地を確認したわけではありませんが、もっと早く紹介すれば行けた人もいただろうにと後悔しています。
出張の途中だからとか思わないで、その時にほしかったものはとにかく買ってきたのがせめてもの慰めです。
またいつもの「いつまでも あると思うな」を身にしみて感じています。

投稿: けふこ | 2008年5月14日 (水) 21時05分

こんばんは

あらら・・・ それは残念ですね
移転はともかく隠居生活の猫という理由が憎いw
猫看板・・・ いえいえ、「看板猫」がいないと
猫グッズ販売も力が入らなくなるのかな?
ロクちゃん今までご苦労さまです(^-^) 

投稿: 松本麗香 | 2008年5月14日 (水) 22時17分

麗香さん こんばんは
ロクちゃんもこれでゆっくりできるとは思います。
お店の方が本当にロクちゃんをかわいがっているからこその決定だったのでしょうね。
店の名前がなかなか覚えられなくて「猫のハンコ屋さん」なんて覚え方をしていたくらいなので、今度はちゃんと店の名前で移転先を探さなくては。
ロクちゃんの写真もこうやって撮らせてもらえたので、大事にしようと思います。

投稿: けふこ | 2008年5月14日 (水) 22時30分

浅草橋のろくちゃんのことですが、盛文堂さんは通りを挟んだ斜め向かいに移転しました。
猫雑貨を扱っていた時とは大分かわっていましたよ
そして「ろくちゃん」現在は出勤していません、猫にとって環境の変化はキツイですからね~ 
でも お店さんは「もしかしたら連れてくるかもしれない」し「猫雑貨はしばらくお休み」とも言っていました  どちらにしても「かもしれない」情報ですのであしからず

出来る事なら も一回会いたいですよね

投稿: ねこのクリスマスです | 2008年8月30日 (土) 19時23分

ねこのクリスマスさん
よくおいでくださいました。
新情報の追加コメント、ありがとうございます。
私も先週、石田盛文堂さんを探して寄ってきたのですが、ロクちゃんのかわりに、おもちゃの猫がかごに寝ていましたね。
猫雑貨を置くことは、店が狭いからとあまり乗り気ではなさそうでしたが、ロクちゃんは引退しても元気だということでよかったです。
>もしかしたら連れてくるかもしれない
ですか^^ 楽しみです。
浅草橋の散歩は今もしているということなので、浅草橋に行く折にでもまたロクちゃんに会えたらいいなあと思います。

投稿: けふこ | 2008年8月30日 (土) 20時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草橋のハンコ屋さんの看板猫と猫グッズ:

« クジラナイフは切れ味抜群 | トップページ | 100円おりがみケースは活用度大☆ »