« 昔のコーリン鉛筆の雑誌広告 | トップページ | ステーショナリー タニィの秘密4 お取り寄せ »

「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その11 ケルボⅡの広告より

「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その10 三菱鉛筆の社史より の続きです。)

ザッツユーロビートさんが、ケルボ関係の新たな広告をブログ昭和の雑誌広告・懐かしモノに掲載してくださいました。(貴重な資料がさりげなく出ているブログなので見逃せません)
1981年、少年マガジンに掲載されたものだそうです。

以下、その広告の文章です。

消せるボールペン ケルボで当てよう! レコード券

お好きなレコードが買える レコードギフト券3,000円分を500名さまにプレゼント。4

応募方法

ケルボまたはケルボⅡのパッケージ裏面にあるペーパーメイトのダブルハートの部分を2cm四方以内に切り取って薄くはがし、応募ハガキまたは官製ハガキに貼って、住所、氏名、年齢、職業、性別、郵便番号をお下記のうえ、右記あて先までお送りください。

消せるボールペン  ペーパーメイト

ケルボ&ケルボⅡ
総発売元 三菱鉛筆株式会社  ジレット・ジャパンinc.(ペーパー メイトは、ザ・ジレットカンパニーの筆記具部門です。)

ペーパー メイト ケルボ 500円/米国製
ペーパー メイト ケルボⅡ 1,200円/米国製

この広告から、私がノンボテシリーズその8で書いた、「ペーパーメイト開発の消せるボールペン」の年表は、さらに修正できることになります。

修正版2 ペーパーメイト開発の消せるボールペン】

1979年 ペーパーメイト 「イレーサーメイト」を発表

1980年 日本で「ケルボ」の愛称で「イレーサーメイト」が販売される。
     (ペーパーメイト製品として、三菱鉛筆?が販売)

1982年までに 1981年までに 「ケルボⅡ」 日本で販売。

1985年頃まで 「ケルボ」「ケルボⅡ」並行で日本の文具店で売られる。

1986年 「ケルボ(イレーサーメイト)」一般文具店から姿を消す。

2000年頃まで? ペーパーメイトの「イレーサーメイト」 輸入品店などで細々と売られ、その間に改良が進む。

2001年までに ペーパーメイトの「イレーサードットマックス」発売される。

また、ケルボだけでなくケルボⅡも「米国製」でペーパーメイトの製品であること、三菱鉛筆が「総発売元」であることもはっきりしました。
また、両者が並行で売られていたことも確かだとわかりました。

(このシリーズは、新しい事実がわかったときに追加記事を書きます。)

【このブログの関連記事】

シリーズの続きは、

→  番外編 ステーショナリー タニィの「ノンボテ」記事 へ

→ 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その12 ブログ「ものぐさ博物館」のケルボ画像 へ

ケルボの記事は、

→ 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その1 きっかけ へ

→ 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その8 ケルボの子孫 へ

その他の関連記事は、

→  カテゴリー シリーズ:ノンボテ&ケルボ へ

拍手する

|

« 昔のコーリン鉛筆の雑誌広告 | トップページ | ステーショナリー タニィの秘密4 お取り寄せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その11 ケルボⅡの広告より:

« 昔のコーリン鉛筆の雑誌広告 | トップページ | ステーショナリー タニィの秘密4 お取り寄せ »