« 銀座伊東屋のメルシー券廃止 | トップページ | 編曲事始め »

嫌いな音楽の苦痛

音楽の専門家でも何でもないのだけれど、何が回ってくるかわからないこの仕事、ここのところずっと音楽漬けです。
家に帰ってからも、パソコン相手に音を打ち込んでいるか、五線譜に音符を書いているかダウンしているかで、ブログの方も開店休業状態で(T_T)

今までいろいろなジャンルの演奏をしたり聞いたりしてきたので、そんなに音楽の好き嫌いはないと思っていたのですが、どうしても受け付けないものもあります。

最たるものは、「この曲を合唱したい」と言われて楽譜を作らなくてはならなかったものですが、

・ まず元の楽譜をもらえなかった(頼んでいる最中だというので)
・ CDを買って聞いたらメロディに起伏がなくて全然おもしろくなく、音は低すぎて歌いようがない(女性ボーカルなのに珍しい)という曲
・ ようやく、依頼者からの楽譜が来たら、メロディ譜とコードだけで(しかもコードが不自然)、楽譜とCDと調が全然違うし、楽譜もまた演奏者が歌えない高さで使えない。
・ しかも、楽譜が今日来て、明日使うなんて目茶苦茶な状態で、考える時間どころか、作る時間も足りない。(アフター5の仕事になるのに)
・ さらに、楽譜を元に調を直したけれど、CDの歌とリズムは全然違うわ、音は違うわ、歌詞は違うわ(楽譜でどうしても字が余ると思っていたら、CDではその文字がなくなっていたり)。
・ また、楽譜が細かくて、書くのに時間ばかりかかる。

こうなると、何を基準にしていいんだか、さっぱりわからない(-_-#)
たぶん、元歌(元楽譜)が使えなすぎたので、編曲者が大幅に改変したか、歌い手が歌いやすいように直してしまったかどちらかだと思います。
しかし、CDを耳コピするにしても、一人で歌うのではなく「合唱」となると、そのままでは音がそろわなくて使い物にならないし、楽譜が三連符やらそのタイやらで複雑になりすぎて演奏者が読めないし、打ち込むのがものすごく面倒。
とりあえずどうしても必要なものを作って使っては作り直して、の繰り返しです。

楽譜を簡略にして、演奏だけニュアンスをつける(たとえば、楽譜上は十六分音符でも、八分音符の三連符の始め2個をタイでつないだようにスウィングする)とかいうのは、DTM入門レベルの私にはできない。
シンセサイザーで弾いてトラック録音すれば演奏のニュアンスは簡単に出せるけれど、これまた私の技術ではそれをCDに焼けない。
(ローランドの SD/CD Recorder CD-2E がほしいです …くすん)
相手が楽譜を読んで演奏してくれればいいけれど、サンプル曲がないとわからない人も多いですし。

そんなものの伴奏譜を作るだの、CDを作るだの、もう嫌で嫌で。
こんなに苦労しても、聞き映えのしないことははじめからわかってるだけに。
(それも言ったんだけど、聞いてもらえないし)

並行で、いろいろな楽譜書きや簡単な編曲をしているのだけど、作っていて楽しいものややりがいを感じるものもたくさんあります。
でも、駄目なものは駄目。
難しくて表現が追い付かなくてとか、多忙な中での音楽とか、辛いことは今までもありましたが、嫌いな曲を扱うことがこんなにきついとは思わなかった。
プロの方は、そんなこともよくあるのでしょうね。
いつも、命のある詩と音の作り手が出会えるわけではないのだから。

この休日も宿題つきです。
ふう…(- -)

…ただの愚痴でした。

拍手する

|

« 銀座伊東屋のメルシー券廃止 | トップページ | 編曲事始め »

コメント

こんばんは

音楽の作り手側に立つと、オーディオにおける「やれCDの音が悪い」だとか、
「LPレコードでなければ音楽の感動は伝わらない」などと言っているのは、
ふざけるんぢゃねーよ!の戯言なのでしょうねo(≧∀≦)o
 
お仕事 ご苦労さまです (´□`。)

投稿: 松本麗香 | 2008年11月13日 (木) 23時29分

麗香さん こんばんは
私は音の作り手というわけではないので、そういう感覚はわかりません。
ただ、本格的に音楽を作っている人も、生演奏が一番という人もいるだろうし、自分の狙って作った表現をきちんと再現してくれるシステムを求める人もいるでしょうから、個人差が大きい世界ではないかと思います。
私は再生音にはこだわらなくて、CDラジカセでOK なんてアバウトなタイプなんですが、オーディオシステムなのにあまりに~も聞こえないパートがあったりすると、高価なくせにCDラジカセより音が拾えないのはどういうことじゃ、とかは思います。
ただ、「思う」だけで、麗香さんと違って改善のしかたはまったくわかりません^^;

投稿: けふこ | 2008年11月13日 (木) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/43048793

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌いな音楽の苦痛:

« 銀座伊東屋のメルシー券廃止 | トップページ | 編曲事始め »