« サクラサク ~奈良の都の桜クリップ~ | トップページ | 内職商法の業者、詐欺容疑で逮捕 »

「くまさんのずぼん」を適切な長さにする方法

『くまさんのずぼん』(柴野民三 原作 いもとようこ 絵)という絵本があります。

くまが、たぬきの洋服店でズボンをあつらえますが、はいてみると、少し長い。
「明日までに、5cmほど短くしてほしい」という要望を受け、たぬきの親方は仕立て屋の弟子の動物に「大急ぎで5cmつめてくれないか」と頼みますが、頼む弟子は誰も忙しがって次々と断ってくる。
しかたなく、たぬきの親方は自分自身で5cmズボンの丈を詰めて部屋に帰ります。

その後、使いから戻ってきたうさぎは、親方の言葉を思い出し、ああ、くまさんのズボンを5cmつめてあげなくちゃ、と、丈を5cmつめて家に帰る。
次にやってきたやぎも、また、親方の言葉を思い出して、ズボンを5cmつめて帰る。
翌日、早朝出勤してきたさるも、昨日は悪かったなあと、いそいでズボンを5cmつめる。
結果は…というお話。
5cm長かっただけのズボンが、計20cmも詰められてしまったのですから、それはもう笑える長さになったわけです。

別に、教訓的に読む必要はない楽しい話ですが、あえて、なぜこんなことが起きたのか考えてみます。

一番大きな理由は、コミュニケーションの不足です。
忙しくて、席をはずしてしまった動物もいるので、親方は一々「もう私が丈詰めをすることにしたから、お前はやらなくていい」と言えなかったこと。
断った弟子が、後から反省して作業をすることも予想できなかったため、「丈詰め済」の表示もしておらず、弟子が、作業済みであることがわからなかったことです。

それは別にしての問題点は、この話での親方から弟子への依頼は「くまさんのずぼんを5cm短くする」ということのみであることです。
それを、弟子は、頼まれたのだからやらなくてはと、何も考えずに機械的に5cmずつ短くしていった。
これが、くまの身長に合う長さかどうかとか、長ズボンの依頼か半ズボンの依頼かとかは、誰もまったく考えていません。
みんなが言いつけを守ったために、逆に誰が見てもあり得ない長さになってしまったという悲喜劇です。

この依頼には隠れた言葉があり、正確には、

『くまさんから返された元の状態の』くまさんのずぼんを5cm短くする」な訳です。

元が1mなら、丈詰めすれば95cm、元が70cmなら、丈詰めすれば65cm。
できあがり寸法にはとんでもない違いがありますが、「くまさんから返された元の状態」つまり「基準」がわかっていない弟子たちには、「5cm詰める」という作業しかできないわけです。

ところで、忙しくて「丈詰め済」の伝言ができなくても、こんな馬鹿げた長さにならない方法があります。

それは、

「くまさんのズボン丈を70cmにしておいてくれ」

という依頼方法です。

この場合、弟子は、ズボン丈を70cmにするために、まず、目の前のズボンの長さをはかります
切る前に長さをはかってみて、既に70cmになっていれば、これは既に作業が終わっている、もしくは、指示が間違っていた(な~んだ、親方、これ70cmだからこれ以上詰められないよ)と判断ができるからです。
うっかり誰かが詰め過ぎてあれば、「丈出し」の依頼だと思って、次の弟子が70cmになるように丈をのばす場合もあるでしょう。
基準となる長さがはっきりしていれば、あり得ない長さに切ることはありません。

いろいろ物議をかもしている、バンクーバーオリンピックのフィギュアスケートの点数や採点方法を見ていて、私はこのお話を思い出しました。
適正な審査だったと説明されても、良かった悪かったを抽象的に山ほど言われても、身の丈に合わないズボンをはかされたくまさんのように、印象と得点の差がありすぎて。

web拍手

|

« サクラサク ~奈良の都の桜クリップ~ | トップページ | 内職商法の業者、詐欺容疑で逮捕 »

コメント

こんばんは

裾詰めのはなし、似た話が色々合ったような気がします
「1本の羊羹、半分食べてもいいよ」の半分が積み重なって
ずいぶんな長さしか残っていなかった話とかwww

意思の疎通ですが、職人系の世界ではこういうことは
結構あるようです
仕事ができていればそれでいいんだろう的な思考も多く、
裾上げの例えのようにちょっと考えれば、おかしい事に気がつかず
言われたままに自分にお仕事を進めていくといったことです

それに口数が少なく朴訥な方が多いですからwww

  

投稿: 松本麗香 | 2010年3月 3日 (水) 19時24分

麗香さん こんばんは
半分の半分とか、倍々とかで、とんでもない量になってしまう話ってありますね。
絵本『ねずみくんのチョッキ』の繰り返しでは、ねずみくんのチョッキを、少しずつ大きい動物が借りて「すこしきついがにあうかな?」をくりかえして、最後にはゾウが着ているというおそろしいのびかたをしたのがあります。

投稿: けふこ | 2010年3月 5日 (金) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/47710187

この記事へのトラックバック一覧です: 「くまさんのずぼん」を適切な長さにする方法:

« サクラサク ~奈良の都の桜クリップ~ | トップページ | 内職商法の業者、詐欺容疑で逮捕 »