« 知的生産の技術・梅棹忠夫さんの訃報 | トップページ | 宮崎県庁会計課のちびた色鉛筆 »

報道不信4 ~参院選開票速報の視聴率(MSN産経ニュース)の記事~

昨日は参議院選挙の投票に行き、夜は開票速報を見ました。
いつもなら、何も考えずにNHKを見るのですが、池上彰さんの「週刊こどもニュース」以来のわかりやすい解説が気に入っていたので、今回は、テレビ東京の池上彰の選挙スペシャルとNHKを交互に見ていました。

自分の選挙区の開票状況はNHKの方が詳しくわかりましたが、池上さんの番組は、選挙運動の実際を見ながらの演説やマニフェスト配布などの解説、支持団体の実態、当選者や党の代表者への畳みかけるような質問など、見どころがたくさんありました。
さらっと流しているような言葉でも、数字やイメージだけでなく、しっかり実際の裏付けを取った上でのものだと納得させられたものもあります。
「当選確実」を早く打つことではなく、安定多数や過半数を取れるかどうかだけでもなく、選挙の現場、選挙そのもの、今後の動きなどにについてのわかりやすい解説をした、新しいタイプの「おもしろさ」を提供した番組でした。
開票が終わる前に番組が終わってしまうのがとても残念でした。

一夜明けて、開票速報の視聴率が気になって、ネットで検索してみたら、MSN産経ニュースの記事がありました。

選挙特番、視聴率民放トップは日テレ
2010.7.12 11:51

 テレビ各局が11日夜に放送した選挙特番で、関東地区の視聴率(ビデオリサーチ調べ)はNHKの「参院選2010開票速報」(午後7時55分~65分間)が18・8%でトップだったことが12日、分かった。

 民放各局では、日本テレビ「ZERO×選挙2010 第一部」(午後7時58分~122分間)が9・7%で首位。2位以下は、TBS「乱!参院選2010 第一部」(午後7時57分~93分間)が9・2%、フジテレビ「FNN踊る大選挙戦2010」(午後7時58分~92分間)が8・2%、テレビ朝日「選挙ステーション2010 第二部」(午後10時~90分間)が9・1%、テレビ東京「池上彰の選挙スペシャル」(午後9時~84分間)が9・3%だった。(いずれも関東地区)

「え? 日テレがトップで、テレビ東京は最下位?」と思いました。
見出しは「視聴率民放トップは日テレ」だし、テレビ東京は「2位以下」の最後に書いてあるんですから。
でも、これを視聴率の高い順に並べ替えてみれば、以下のようになります。

断然トップ(1位) NHK     18・8%
民放トップ(2位) 日本テレビ    9・7% 
民放2位 (3位) テレビ東京  9・3%
民放3位 (4位) TBS        9・2%
民放4位 (5位) テレビ朝日     9・1%
民放5位 (6位) フジテレビ      8・2%

こうすれば、トップは断然NHK、テレビ東京は最下位どころか、全体3位と健闘していること、フジテレビが振るわなかったことは一目瞭然です。
なぜ、こうやって並べないのでしょうか?

さらに、前回の衆議院総選挙の開票速報の視聴率と比べてみましょう。
データは、webザ・テレビジョン:エンターティメントニュースの、総選挙開票速報“視聴率戦争”は日本テレビが圧勝!です。(実は、この記事も視聴率の高い順になっていません …後述)

1位 日本テレビ 26・4% 今回  9・7% ↓ 
2位 NHK     24・7%     18・8% ↓      
3位 テレビ朝日 12・0%      9・1% ↓ 
4位 TBS      9・5%       9・2%  ↓      
5位 フジテレビ   8・5%      8・2%   ↓ 
6位  テレビ東京  2・4%      9・3% ↑

(放送時間枠内最高視聴率)

前回の日テレは、24時間テレビのフィナーレと重なったためもあり、NHKを抜いています。
こうやってみると、「テレビ東京は6位→3位の大躍進(しかも、2位とは0・4%差)」、しかも前回の選挙ほど視聴率が上がっていない中「テレビ東京は唯一視聴率を上げた局」でもあることがわかります。

なのに、それが記事からはさっぱりわかりません。
日テレが民放トップといっても、前回ほどのニュース性はないどころか、前回の三分の一近くにまで落ち込んでいるのですから、これを見出しにするほどのことはないでしょう。

MSN産経ニュースもwebザ・テレビジョン:エンターティメントニュースも、視聴率はトップをとった局を抜くと、 TBS → フジテレビ → テレビ朝日 → テレビ東京 と、局の番号順みたいになっています。
並べ方の慣習があるのかもしれませんが、おかしなことです。

選挙広報の候補者名は届け出順になっていますが、開票速報の時には、票数の多い(多そうな)順に並びかえられています。
届け出順のままだど、上位の票数の争いが比べにくいからです。
開票が済んでしまったら、候補者名は得票順に並びかえられます。
なぜ、視聴率でそれをしないのでしょうか?
報道はしなくてはいけない、でも実態ははっきり知られたくない、そんな思惑が感じられてしまうのだけど考えすぎ?

かくなる上は…池上彰さんに、NHKも抜いて、ぜひ視聴率トップをとっていただかなくては♪
そうすれば、無視もできず、見出しにもなって一目瞭然……報道されれば、ですが。

web拍手 by FC2

|

« 知的生産の技術・梅棹忠夫さんの訃報 | トップページ | 宮崎県庁会計課のちびた色鉛筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/48862187

この記事へのトラックバック一覧です: 報道不信4 ~参院選開票速報の視聴率(MSN産経ニュース)の記事~:

« 知的生産の技術・梅棹忠夫さんの訃報 | トップページ | 宮崎県庁会計課のちびた色鉛筆 »