« 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その12 ブログ「ものぐさ博物館」のケルボ画像 | トップページ | 折り薔薇の壁面掲示 »

ポスト・イット ラベルシール 製品は良く目立つけれど…

少し前から、自分で印字をしたポストイットを使えたらなあと思っていました。
しっかり貼るならテプラでシールをつくればいいけれど、後ではがすメモには向きません。
一つのメモならともかく、同じことを何度も書いてあちこちに貼るのは面倒です。
しかし、大量にオーダーするほどの自分オリジナルなものでもなく、せいぜい何十枚単位のものにそんなコストも手間もかけられないので、印刷した紙を作って裁断して、場に応じてクリップなり画鋲なりテープなりで止めるしかないか、と思っていました。

たまたま近所の文具店に行って、見つけたのが、エーワン ポスト・イット ラベルシール
鮮やかな黄色のパッケージで目を引きました。
ポストイットの強粘着タイプがラベルシートになっているもので、一袋に 黄(ビビットイエロー)、ピンク(ローズ)、水色(エレクトリックブルー)、黄緑(ライム)の4色の蛍光色が5シートずつミックスで入っています。
これなら、自分で印刷して、貼ってはがせるメモができそう!
別置きでけっこう段数をとって並べてあったのは、いろいろなラベルの面数があるからでした。
(実際は、A4だけでなく、ハガキサイズや、○シールなど、もっと種類があるようです)
どれにしようかなと商品を手にとり、困ったことに気づきました。

この商品の一番の問題点は、パッケージの状態ではどこにも「実物大のラベルの大きさ」を示した印刷がないことだと思います。
ノーカットタイプならともかく、今まで私が使ってきたラベルシートは、シールが何面という表示のほかに、実物大のラベル1枚の図がどこかに表示してありました。
このパッケージには、黄色地に白抜きの角丸長方形が印刷してあるので、これがラベルの大きさのように見えますが、これはどの袋も共通。
つまり、ラベルサイズとは無関係なデザインです。
私が買った2種類を並べても、よく見ないと違いがわからないと思います。(65面と27面です)
「各色○片」や「○面付」という一番重要な文字が白地に黄色で印刷されているのも目立たない原因で、「3M」の黒い太字のほうがはるかに存在感があります。
Photo_2 
ラベル配置がどうなっているのか、サイズは何ミリなのかは確かに縮小の図に書いてあるのですが、「つまりどのくらいの大きさなのか」は私にはピンとこず、しかたがないので、他のシリーズのラベルシートで同じような割り付けになっているものの「1枚のラベルの大きさ」表示を見て、どのくらいなら自分の用途に合うかを考えて選びました。

誰もが「○mm×○mmのラベル ○面タイプ」を買いに来るわけではないのだから、これは改善してほしいと思います。
どの袋も似たような感じだと、選んでいて棚に戻すときにまちがえることもあるし、気をつけないと違うものを買ってしまいそうです。
ここは「実物大」をぜひはっきり表示してほしいと思います。
また、「○面タイプ」も、もっと目立つ色で大きな文字でお願いしたいです。

ラベルマイティーなどのラベル作成ソフトがあれば、ちょうどいいテンプレートがなくても、指定寸法を入れてすぐに枠はできるし、もともと使いたいメモの文章は単純なものだったので、文字を入れてレイアウトして印刷すればOK。
強粘着タイプのせいか、プリンターのトラブルもなくあっさり印刷でき、待望の「文字入り はがせるメモ」のできあがり。
これなら、シートを小さく切って持ち歩くのも簡単です。
ポストイットラベルシートのラベルは、当然ですが、蛍光色のために貼った時の目立ち具合が実にいい。
小さくても存在感ばっちりで、ちゃんと人目にとまりました。
Photo_3
製品そのものにはかなり満足で、これからも使いたいと思います。
ハガキサイズも併用すれば、大量に作らなくてもいいものも気軽に作れそうです。

ただし、強粘着タイプなので、貼る相手が駄目にならないか先にテストをした方が良さそうです。
(過去に、マスキングテープやメモックロールを貼ってはがすときに失敗したこともあるので…→ 過去記事 貼ってはいけない へ)
今回貼ったつるつるの紙相手では、今のところ大丈夫のようですが、はがす時は慎重にしようと思います。

web拍手 by FC2

|

« 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その12 ブログ「ものぐさ博物館」のケルボ画像 | トップページ | 折り薔薇の壁面掲示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208417/51999853

この記事へのトラックバック一覧です: ポスト・イット ラベルシール 製品は良く目立つけれど…:

« 「ノンボテ」ボールペンを調べてみたら…その12 ブログ「ものぐさ博物館」のケルボ画像 | トップページ | 折り薔薇の壁面掲示 »