文具~はさむ とじこむ~

手軽にはさめて抜きやすい ファイルホルダー

ファイルホルダー A4&A3を見つけたのは、百円ショップのセリアです。
Photo

一見するとクリアーホルダーですが、中は少し違います。

まず、クリアーホルダーでは透明袋が綴じ込んでありますが、ファイルホルダーで綴じ込んであるのはクリアファイルと同じくらいの厚さの透明なポリプロピレンのポケットです。
見開いた時、左ページは左と下、右ページは右と下だけが接着してあり、接着していない部分はカーブしてカットされています。
表紙裏も含めて、ポケットは10個、見開きで数えると5あります。

これが、ものをまとめて持って歩くのに実に都合がいいのです。
Photo_2
ポケットが厚くて丈夫なので、紙1枚だけでなく、薄い冊子とかCDとかをポケットごとにはさんで持ち歩くことができます。
ゆとりを持って製本されているので、ぱんぱんに膨れるようなこともありません。
クリアファイルをまとめて持っているようなものですが、ばらばらにならず、開き口がホルダーのとじ側にあるので、途中でものが飛び出しにくくなっています。
表紙から中身が透けて見えるので、表紙を開けなくても中がわかります。

出し入れもスムーズで、順番をかえるのも簡単。
私は目的地までの地図を何枚か入れておいて、用が済むと後ろに入れかえていましたが、普通のクリアーホルダーよりはるかに楽です。

構造として、A3サイズのものも折らずに両側を入れられますが、薄い冊子だと表紙がよれたりしてサイドインタイプのクリアーホルダーみたいにきれいには収まりません。
Photo_3

これは、表紙の片側だけ差し込むとか、ポケットにそのまま収納して読むときに出す方が無難かも。
Photo_4

それから、表紙はポケットの素材より硬いせいか、表紙にくっついているポケットの接着部分が破れやすかったので、表紙のポケットにはあまり厚いものを入れない方がよいようです。

これが105円で買えるのは大変うれしいですが、文具店では見かけません。
100円ショップで見る便利なプラスチック収納文具をいろいろ作っている、和泉化成株式会社の製品です。
Photo_5

なお、ダイソーにも同じような商品が売っていて、こちらは「ダブルインファイル A3&A4」
Photo_6
和泉化成のものは透明なクリアとスモークの表紙ですが、ダイソーの方は青と白の不透明な表紙です。
背文字を入れるポケットは、和泉化成の方が2.5倍くらい長いです。

ネットでは、セキセイの「アウトインホルダー」「ページイン クープレファイル」というのが見つかりました。

先にあげた楽譜ファイルもそうですが(→記事:書き込みのできる楽譜ファイル 参照)、私はきちんととじこむとか、外したものを元に戻すという作業が大変苦手なので、はさみやすくて順番も保たれるこれらのファイルは大変気に入っています。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き込みのできる楽譜ファイル

Super Note FREE×FILE
これは、楽譜をクリアーフォルダーのように糊を使わずに収納しつつ、使っている時、書き込みが簡単にできるというのが売りの商品です。

このファイルは、外見はスパイラルノートで、360度折ることも簡単です。
中身は一見クリアーホルダーですが、そのクリアーポケットごとに、さらに紙をはさむ透明な4cm程度の帯が上下についています。
その帯は、下部はポケットですが、上部は左右だけが接着され上下が開いた帯になっています。
楽譜をその上下に差し入れて使います。

楽譜のほとんどの部分は、外に出たままになっているため、書き込みをする時に一々出さなくてもいいし、スケッチブックなどに貼りつけるのと違って楽譜を入れ替えることもできます。
書き込みをしなくてもよくなったら、楽譜はそこから外して普通にクリアーポケットに収納できます。
ただ、帯を使う場合、楽譜のサイズはA4以外は挟めません。
構造上、A3の楽譜は切らないと入れられないし、B版の楽譜は上下が届かないので、A4に直してから入れることになります。

私は楽譜収納用に買ったのですが、実は、使ったのは発表用の原稿入れです。
原稿を印刷した後、何かにまとめようと、たまたま買い置きしてあったこれにはさんだのですが、実に都合がいい。
読みながら、うまくいかないところに朱を入れるのも簡単だし、印刷しなおしたものを入れ替えるのも帯をちょっとゆるめるだけでよいので楽。
発表の時も、紙をただ綴じたものよりもきちんと180度開いて机の上に置けるし、原稿が変に光ることもなく、持ち歩きにかさばることもなく、とても使いやすかったです。

楽譜を譜面台に立てている状態だと、帯が緩むこともありそうで、レビューでは「譜面が外れてしまう」という感想もありました。
でも、楽譜に限らず、書き込みをしたいものを仮にはさんでおくのにとても向いているファイルと思います。

私が購入したのはSUPER NOTEですが(下記画像リンク)、現在は、音楽グッズの吉澤から「バンドファイル」という名前で、同タイプのほか、バインダータイプ、オーケストラ用B4サイズなども販売されているようです。

↓バインダータイプ

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東屋の一足早い「猫の日」 ~猫文具いろいろ~

先日、伊東屋に寄った折、見てきたのは地下だけだったのですが、ファンシーもののコーナーに猫グッズがいろいろありました。
自分が猫好きというのもありますが、2月14日のバレンタインものより先に、2月22日の猫の日コーナーも簡単に作れそうな品揃え。
01

まず、ダイカット(型抜き)タイプの猫ふせん(ポストイット)。
台紙に貼ってある4種類のお菓子になっている猫は、サンエックスの猫キャラクター「にゃんにゃんにゃんこ」のにゃんこカフェの発想と同じようですが、もう少し猫がリアル。
猫の形がかわいいです。
Choochoo line sticky(tea set) 韓国製 輸入元 ㈱ジェンナー 1470円
このほかに、白雪姫や赤頭巾などの童話コスプレ猫シリーズと、もう1種類ありました。
他にもあったと思います。
(このシリーズは、韓国のデザイン文具・雑貨ショップ Sopumaul でたくさん販売されています。)

右側の個包装タイプ2種は、「ダイカットスティックメモ 貼ってはがせるメモ80枚入り」
前から見かけた気がしますが、上のが「チャトラ」、下のが「ネコ」(…)です。(他にもありました)
Greeting Life Inc. 税込525円
(HPに、会社で飼っている猫の写真入りブログここんとこのニャーも併設)

右上の猫の立体は、「フィギュアマグネット みけねこ」(中国製)税込788円。メーカー不明。
これは、中心に強力なネオジム磁石がついていて、メモなどをはさんで立てることができます。(これも以前から見かけていますが、猫ものが並んでいたので、つい)
04 02

こんなふうにすれば、「壁抜け男」ならぬ「壁抜け猫」を作るのも簡単♪

05

でも、ばらばらにして置いておくと、かなり猟奇 ^^;
磁石が強力なので、すぐにくっつきますけれど。(他に、あめしょ、ちゃとら、くろねこがあります。犬は くろいぬ ちゃいぬ があるようです。)

地下2階にはこのほかも、エコバッグなどの布製品の猫柄のものも目につきました。

地下1階スタンプコーナーには、「不思議の国のアリス」のスタンプセットが。
06 缶に、紙のシールが貼ってある容器で、中には大小5個のアリスのスタンプが入っています。
(ジョン・テニエルの挿絵をスタンプにしたものです。)

当然、猫好きとしては、チェシャ猫は外せません^^
それと、懐中時計の白ウサギもほしかったので、2セット買うことになりました。
02_2

買ったのは、3集と4集です。(1~4集があり)
チェシャ猫は3集に入っています。

他に、新しい音楽柄鉛筆や、何度も品切れだった、ミドリのD-クリップスのペンギン柄もようやく入荷していて、手に入ってうれしかったです。

拍手する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学校教材の文具を扱うネット教材屋さん ~生活科バッグ 学校引き出しなど~

時節柄、ここへ見える方の検索ワードに入学用品関係が増えてきました。

以前、ステーショナリータニィ関係で出てきた「生活科バッグ」もその一つです。(別名「かんさつバッグ」「たんけんバッグ」などともいう)
多くは、A4~B4サイズのクリップボード(ばねタイプとマグネットタイプがある)の裏側に、布やビニールでポケットがついていて、資料や筆記用具を入れられるようになっています(ポケットの大きさはいろいろあり)。
さらに、ボードにはひもがついていて(つけかえられるようになっているものもあり)、見学などの時は肩にかけていって、首にかけたままメモなどができます。
なかなか機能的にできていて、子どもっぽいデザインをのぞけば、大人でも便利なメモボードです。
名前は「生活科」(小学校1,2年のみの教科)であっても、それ以上の学年の見学や観察の時にもずっと使える商品です。

入学用品として買う場合なら、学校で注文や指定があると思うので問題ないと思いますが、何かの事情で中途購入しようと思っても売っている場所がなく、一般文具店では取り扱えない商品であることが多いようです。
(教材会社のHPでも、学校関係でないと注文できないところがほとんどのようです)

その学校でなら注文できると思いますが、このごろでは、ネットで学校教材を個人向けに売ってくれるお店が出てきて、生活科バッグもそういうところでなら買うことができます。

タクトネット
生活科バッグ4種類(各750円)のほか、机の中に入れる「学校引き出し」(770円)「お道具箱」(360円~880円)を扱っています。
絵の具セット、習字セット、裁縫セット、理科・図工などの教材も豊富です。
(リンク先は生活科バッグのページ。サイドバーからいろいろな商品に簡単に行けます)

学校教材ドットコム
たんけんバッグS型を扱う(800円)。(なぜか生活科の項目になく探しにくい)。
「安全・その他」のところに、お道具箱(780円、890円)や学校引き出し(A4サイズ1060円 B5サイズ990円)がいろいろ出ています。
(個人向けの店で、学校関係への販売はしていません。)

保育・小学校用品店 マナビダス
楽天店。生活科バッグA4縦型(CM3 MA3) A4横型(RM SB)を扱う。
画像リンクはCM3のもの。

株式会社 美工社

楽天店。マグネットクリップでとめるタイプの生活科バッグ(A4縦型)を扱う。

拍手する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単、きれい、かさばらない 製本 ~コクヨ レポートメーカー~

職場では、通常、資料などの製本作業はホッチキスでとじて終わりです。
配られたら、それはさらに、2穴パンチなどを使って自分のファイルにとじこむ(山根式袋ファイルに入れることも)、大体その程度です。

しかし、外部に発送するときに、もう少し見栄えのよいものにしたいと思うことがあります。
それまでは、せいぜい、特厚(135kg)の色上質紙か、ミューズコットンで表紙を作って重ね、ホッチキスどめをした後、製本テープで背張りをする、そんなところでした。
これも、製本テープが曲がったりはみ出したりしないように、不器用だとちょっと気を遣う作業です。

そこへ登場したのが、コクヨのレポートメーカー、製本ファイルです。
これは実にかさばらなくて、袋には5枚入っているのですが、厚さはわずか3~4mm。
フラットファイルなどに比べると、ほんとに5枚入っているのかと考えてしまうほどのかさばらなさです。
(→コクヨのレポートメーカーのページへ)

薄さの秘密は、紙は裏表紙から背にかけての1枚、表はクリヤーファイルに使うような透明なプラスチック素材。
これが、適度な強度を与えているため、紙もそんなに厚くなくていいのです。
紙は、ラシャ紙程度? ミューズコットンほど厚くありません。
どの色も、グレーがかった落ち着いた色です。

この表紙に書類を差しこみ、「STAPLE」と書いてあるところをステープラー(とコクヨは書いてあります)でとじ、その後が秀逸。
表紙を一度外に折り返して、その部分を両面テープで貼り、もう一度元に折り返します。
これを、表と裏と両方することで、書類は、表紙の紙で両側からささえられるような格好になり、その外側の部分から180度ぺたんと開くようになるのです。
(文だけだとさっぱりわからないですね 汗)

うまく考えたものだなあと思います(^-^)
透明シートに覆われた表紙はきれいに見えるし、ここに写真や飾りなどを貼り付けても、とれたり傷んだりすることがありません。
とじたホッチキスは見えないし、できたものは広げて見やすい。
ホッチキスどめだけだと、自分で癖をつけないと開きませんが、表紙の紙を折ったガードが中身をしっかり支えてくれるので、ちゃんと開くのです。
約48枚まで製本可能というのもうれしい限り。(この場合は適応する針のステープラーに変えます)

そして、製本作業はとても簡単で、ストレスがかからない作業なのです。
今回、職場の担当で、26冊まとめて製本しましたが、何も苦になりませんでした。

しいていえば、書類は、いきなりこれに綴じ込むより、先に、2箇所ホッチキスどめをしておく方がずれなくて楽です。製本には3箇所「STAPLE」表示があるので、2箇所にすればそことぶつからない。
この場合は、あまり深くとめてしまうと、針が見えてしまうので、その点は注意です。

サイズが合えば、まとまった雑誌の切り抜きなどを製本するのもきれいでいいと思います。

そして、かさばらない製本のため、発送するのも安い!
A4サイズのタイプなら、クロネコメール便なら80円で発送できますし、冊子状になるので、ゆうメール(冊子小包の新名称)も使えます。

職場でこれを広めた人によれば、一時期出回らなくなったそうですが(リニューアルでもしてた?)、最近はホームセンターなどでも見つかるので、一度知れば愛用する人が多い文具なのかもしれません。

定価は5冊577円ですが、実売価格なら、1冊100円以下になると思います。(A4サイズの場合)

| | コメント (0) | トラックバック (0)